人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年5月3日

【ハイライト動画あり】明治大学、今季初戦をひたむきに泥臭く勝利。ラグビー関東大学春季大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

明治大学のルーキーFL福田

5月2日(日)、大学生にとって貴重な成長の機会となっているラグビー関東大学春季大会が2年ぶりに開幕した。今季はコロナ禍の影響で、従来よりも縮小した形で開催されることになった。

昨秋の成績によって対抗戦Aの8チーム、リーグ戦1部の8チーム、さらに対抗戦Bとリーグ戦2部の1位チームを合わせた計18チームが参加。3チームずつが、A~Cの3つのグループに分かれて「対抗戦vs.リーグ戦」という形で対戦することになった。

2日(日)、グループAの開幕戦で日本大学(昨季リーグ戦3位)と、明治大学(対抗戦1位)が激突した。両者は昨季の大学選手権準々決勝で対戦し、明治大学が34-7で勝利していた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

日本大学はキャプテンのFL(フランカー)飯田光紀、副キャプテンのCTB(センター)フレイザー・クワーク(ともに4年)、SO(スタンドオフ)饒平名悠斗、FB(フルバック)普久原琉(ともに3年)、WTB(ウイング)水間夢翔(2年)ら、昨季の大学選手権の明治大学に出場していた選手が10人おり、ホームの日本大学グラウンドで戦えることともあり、リベンジの絶好の機会となった。

明治大学はNO8(ナンバーエイト)箸本龍雅、LO(ロック)片倉康瑛(ともにサントリー)、SO山沢京平(パナソニック)らスター選手が抜けたこともあり、早速、1年生のFL福田大晟(中部大春日丘)が先発。さらに控えにも、LO木戸大士郎(常翔学園)、WTB/FB金昴平(大阪朝鮮)ら、ルーキーがメンバー入りした。

夏を感じさせる快晴だったが、強風に見舞われる中、試合は12:00にキックオフされた。

FWを中心に攻め込む日本大学

序盤はメンバー外の選手の拍手の声援に押されて、接点で圧をかけた日本大学のペースで進む。相手のミスや反則を誘い、ゴール前に攻め込むと前半14分、FW(フォワード)にこだわり、HO(フッカー)林琉輝(3年)が押さえ、5点を先制する。

風上だった明治大学も、HO田森海音(4年)らを中心としたスクラムで優位に立ち、ゴール前で好機を作り、19分、FB雲山弘貴(4年)が抜けだし、トライを挙げて、同点に追いつく。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ