人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月25日

【ハイライト動画あり】クボタ、ヤマハ発動機に快勝しベスト8進出。トップリーグプレーオフ2回戦

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

BKはSH(スクラムハーフ)吉沢文洋と、SO清原祥がハーフ団を構成、トライ王のWTBマロ・ツイタマがケガのため、12番のシオネ・トゥイプロトゥが11番にシフトし、14番にはWTB伊東力が入った。五郎丸に替わり、FBには3月に帝京大学を卒業したばかりの奥村翔が入った。

ホームのクボタがヤマハ発動機を打ち砕いて準々決勝へ進むのか。それともヤマハ発動機がクボタを退けて、ホーム・静岡で行われる準々決勝への切符を手にするのか。快晴の中、2,033人の観客が見守る江戸川陸上競技で12時にキックオフされた。

前半3分、先制したのはヤマハ発動機だった。ラインアウトを起点にSO清原がスペースにボールを蹴って伊東がトライ。ゴールも決まって7点を先制する。

タックルされながらもトライしたクボタSOフォーリー

クボタも接点で相手の反則を誘って敵陣に入り、12分、CTBテアウパ シオネが突破し、SOフォーリーがトライを挙げて7-7と同点に追いつく。PG(ペナルティゴール)を挟んで、25分には自陣から積極的に展開し、FLトゥパ フィナウが中央にトライを挙げて17-7とする。

さらにクボタは29分、FB金のカウンターから好機をつかむと、ラストパスをヤマハ発動機のFB奥村が意図的にノックオン。ペナルティートライを得て24-7とリードを広げる。これでFB奥村はシンビン(10分間の退場)となった。

数的有利となったクボタは敵陣に攻め込むが、ヤマハ発動機も粘りの守備で、そのまま24-7でハーフタイムを迎えた。

スクラムにこだわりを見せたヤマハのFW陣

後半、先に得点を挙げたかったヤマハ発動機は、敵陣でスクラムのチャンスを得る。スクラムにこだわり、9分間ほど攻めたが、ゴールラインを割ることができなかった。

すると再び、試合の流れはクボタへ。ラインアウトを起点にボールを継続し、最後はFLラブスカフニがトライ。その後、相手のFB奥村にトライを許すが、34分、37分とFLラブスカフニがトライし、ハットトリックを達成した。結局、5トライを挙げたクボタが46-12で快勝し、準々決勝に駒を進めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ