人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年4月2日

秩父宮の決戦、サントリーサンゴリアスとクボタスピアーズの全勝対決。トップリーグ第6節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2月20日(土)に開幕したジャパンラグビートップリーグ。リーグ戦も残り2節を残すのみで、今週4月3日(土)4日(日)に第6節を迎える。

3日(土)東京・秩父宮ラグビー場では、2017-18シーズン以来、6度目の王者を目指す、レッドカンファレンスで首位に立つサントリーサンゴリアスと、2位のクボタスピアーズ全勝同士が激突する。

サントリーは開幕から5節まで順調に白星を積み重ね、前節はやはり負けなしだったトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦し、接戦となったものの最後はSO(スタンドオフ)ボーデン・バレットのサヨナラPG(ペナルティゴール)で、39-36と競り勝った。

さらに毎試合3トライ以上のボーナスポイントを獲得しているため、ここまで5試合で勝ち点25と首位をひた走る。

対するクボタも開幕から好調で、前節も三菱重工相模原ダイナボアーズ32-17で退けて、チーム初となる5連勝で、勝ち点23と2位でサントリーを2点差で追っている。

まずはサントリーのラインアップから見ていこう。前節のトヨタ自動車戦からFW(フォワード)4名、BK(バックス)1名の先発を入れ替えた。

サントリーサンゴリアスのスタメン

FW第1列はPR(プロップ)森川由起乙は前節に引き続き先発に入ったが、3番には垣永真之介から、セミセ・タラカイに、HO(フッカー)は堀越康介から中村駿太に替わった。LO(ロック)はハリー・ホッキングス、辻雄康のコンビで変わらない。

FL(フランカー)はトヨタ自動車戦でMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に輝いたツイ ヘンドリックと、ショーン・マクマーンの2人から、飯野晃司と小澤直輝の2人となり、マクマーンはNO8(ナンバーエイト)にシフトし、前節で負傷したテビタ・タタフはメンバー外となった。

J SPORTS 放送情報

BKはSH(スクラムハーフ)流大と、現在85点で得点ランキングトップのSOバレットのハーフ団は変わらない。アウトサイドCTB(センター)には梶村祐介に替わり、ここまでWTB(ウィング)でプレーしていた中野将伍がトップリーグでは初めてとなる13番をつけ、キャプテンの中村亮土とコンビを組む。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ