人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月25日

今季初の平日ナイトゲーム開催。東芝とNTTコムが上位進出かけ激突。

ラグビーレポート by 直江 光信
  • Line

2月20日に開幕したジャパンラグビー トップリーグ2021は早くも第4節を終了し、今週から全7節のリーグ戦の後半戦に突入する。4月17日から始まるプレーオフトーナメントに向け、順位争いはもちろんチームの勢いを加速させる上でも、ここからは一戦一戦の重みがさらに増してくる。これまで以上に各会場で気迫のこもった熱闘が繰り広げられるはずだ。

3月26日に秩父宮ラグビー場で行われる東芝ブレイブルーパスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦も、両チームにとって重要な意味を持つ試合となった。どちらも今季の躍進を期待されながら思うように結果を残せず、ここまで白星はひとつだけにとどまっている。勝ち点1差で4位と5位に並んでいるだけに、何としても勝利してこの先の戦いに弾みをつけたいところだろう。

東芝は荒天による延期で1週後に実施された前節、サントリーサンゴリアスに5-73の大敗を喫した。そのショックからいかに立ち直り、本来の自分たちのパフォーマンスを発揮できるかが、今節の焦点となる。

サントリー戦ではショートキックを織り交ぜた相手の多彩な攻撃に身上のラッシュディフェンスを揺さぶられ、防御の的を絞り切れなかったことが大量失点につながった。相手への圧力と引き換えに生まれるライン裏のスペースをどうカバーするか、調整が必要な部分だろう。

もうひとつ気になるのが反則の多さだ。過去4試合のペナルティの総計は47(1試合平均11.7)で、NTTコムの39(同9.7)とは小さくない差がある。優れたプレースキッカーを擁するチームとの対戦では致命傷になりかねない要素だけに、東芝伝統の持ち味であるアグレッシブなプレースタイルと規律のバランスも、この試合の大事なテーマだ。

NTTコムスターティングメンバー

NTTコムは初戦でHonda HEATに快勝し好スタートを切ったものの、その後トヨタ自動車ヴェルブリッツ、クボタスピーアーズに競り負け、前節は三菱重工相模原にドローと、あと一歩で勝利に届かないゲームが続いている。開幕時の勢いを取り戻すべく、勝って停滞ムードを払拭したいところだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ