人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月18日

TJ・ペレナラ(NTTドコモ)、トップリーグでの抱負とオールブラックス「ハカ」の秘密を語る

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

オールブラックスの「ハカ」をリードするPJ・ペレナラ

今年のトップリーグの注目選手の1人で、NTTドコモレッドハリケーンズに加入したのがニュージーランド代表69キャップを誇るSH(スクラムハーフ)TJ・ペレナラ

「オールブラックス」の試合前の踊り「ハカ」をリードすることでもお馴染みの選手だ。攻撃的SHで、SO(スタンドオフ)としてもプレーできるのがウリで、ニュージーランドから離れて日本でプレーすることを決めた経緯や、先導するハカについて、そして新たにチャレンジするトップリーグでの抱負を聞いた。

スーパーラグビーの強豪ハリケーンズで共同キャプテンを務めていたペレナラは、以前から日本の文化に関心を持っていたという。

「僕は日本のラグビーのスタイルと文化に興味があって、マオリと日本の生活はとても似通ったものであるとわかったんだ。2019年ワールドカップも含め何度かの来日で、ずっと日本での経験が忘れられなくて、いつも妻に話していたし、彼女も日本に来たいと思うようになっていました」とペレナラ。

J SPORTS 放送情報

今年、トップリーグでプレーすることを決めた経緯については「コロナ禍でラグビーができない時間が長くて、これ以上のオフシーズンは必要ないと思った」。

「日本のラグビーは、今、世界のどのリーグよりも成長率が高い。そんな質の高いリーグでラグビーができることは大きな魅力だった。さらに、娘も生まれたばかりで、家族との時間も大切にできる。いろんな意味でタイミングが良かった」と話した。

オールブラックスが試合前に披露するマオリのパフォーマンスである「ハカ」。マオリの血を引くペレナラにとって、ハカはマオリの文化を伝える上で大切なものだと考えている。

「ハカはおそらく自分にとって最も大切なことです。敬意を表すパフォーマンスの象徴で、対戦相手だけでなく、家族とマオリやニュージーランドの人々といった、ハカとともに育ってきた人たちに、メッセージを伝えるものなんです」。

ペレナラがトップリーグでハカを見せる機会はないが、オールブラックスの試合を見る人にもマオリの文化や精神が伝わればと思っている。「意識的ではありませんが、ハカを見た人たちが僕たちマオリについて深い関心を寄せてほしい。ハカを披露することで、皆さんがマオリやオールブラックスについてもっと理解してもらえるようにと思っています」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ