人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月2日

解説者、お客さんになる ~トップリーグ 開幕を待ちながら~

be rugby ~ラグビーであれ~ by 藤島 大
  • Line

解説者、お客さんになる ~トップリーグ 開幕を待ちながら~

いきなりファイナル。トップリーグである。「開幕がすでに決勝」。イベントのへたくそな宣伝文句みたいだけれど本当なのだ。昨秋からの大学ラグビー、年をまたいだ花園の試合の数々を取材、解説するうち、そう実感した。

言葉にすると「頂点へ至る道を追いかけている感じがしない」。天理のあっぱれな優勝で幕を閉じた大学、桐蔭学園の底力にうんうんうなずくばかりだった高校、チャンピオンのみならず、そこへ続く勝負のどれもが、うまく書くのは難しいが、同じ価値をたたえるように映った。

「コ」の次に「ロ」とキーを打つのはつくづくあきた。でも、いわゆるコロナ禍のせいというかおかげである。こんな状況にも開催できた。いつ何が起こるかわからない。次の試合は成り立つのだろうか。だから「ひとつずつ」の試合がどれも決勝、あとのない、そこだけで独立しているという意味でのファイナルに思えた。

白状すると2月20日にようやくカーテンを巻き上げるはずのトップリーグの優勝決定までの細かなフォーマットをよく忘れる。どうでもいいのだ。と、つぶやいては投げやりで叱られる。そうではなくて、いまここだけの勝負に集中したい。

トヨタ自動車ヴェルブリッツと東芝ブレイブルーパス。ともに骨のぶつかる音をクラブの養分としてきた巨人の激突。先発の布陣はまだ不明なのに想像はふくらむ。

トヨタのキアラン・リード、オールブラックスのキャップ127のナンバー8が前へ出る。東芝の徳永祥堯、ワールドカップで給水を担いながらラグビーの力を磨いた男、海外出身の大男にやけに強い好漢が、ボールを叩き落とそうと、鋼なのにしなる上体をぶつける。ファイナル!

神戸製鋼コベルコスティーラーズとNECグリーンロケッツ。スクラム。ヘアスタイルが変わらないならブロンドの短髪、中島イシレリ、天然モップ頭の瀧澤直がそこにいる。力と技と思考の深さを競う。ファイナル!

キヤノンイーグルスとNTTドコモレッドハリケーンズ。前者を率いる45歳の沢木敬介監督は日本のラグビーを熟知、なお世界の潮流をわかる。後者の50歳、ヨハン・アッカーマンHC(ヘッドコーチ)はかつてスーパーラグビー屈指の指導者、日本を知ろうと異国の地に大きな足をつける。意地の激突。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ