人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年1月10日

早稲田大学、歌えない「荒ぶる」を歌うための戦い。ラグビー全国大学選手権決勝

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

新型コロナウイルスの蔓延という事態に直面し、全チームが未曽有の困難に見舞われた今シーズンもついに最終局面を迎える。

全国大学選手権決勝、早稲田大学の対戦相手は関西王者・天理大学だ。早大はCTB(センター)平井亮佑(スポ4=福岡・修猷館)がけがから復帰、天理大は準決勝を欠場したFB(フルバック)江本洸志がスタメンに名を連ね、両者万全の布陣。11年ぶりに日本一に輝いた昨年度に続き、2大会連続優勝を果たせるか。決戦の時が迫る。

準決勝の天理大は圧倒的だった。関東大学対抗戦王者である明治大学を相手に試合のペースを掌握。相手のアタックを封じ込める好ディフェンスと、鋭く刺さるようなアタックで41-15と大勝を収めた。

特に警戒すべきはCTBシオサイア・フィフィタだろう。1年時から試合に出場し、発揮してきた強烈な突破力はそのままに、明大戦では視野の広さやパススキルの向上が見られ、さらなる脅威を感じさせた。

また、フィフィタ以外の選手も1人1人に勢いと重さがあり、SH(スクラムハーフ)藤原忍、SO(スタンドオフ)松永拓朗のハーフ団から繰り出されるアタックに注意が必要だ。

ディフェンスからリズムを作りたい

早大の勝機はディフェンスとラインアウトにあるか。シーズン当初から力を入れてきたディフェンスは早大の強みであり、前節の帝京大学戦でも粘り強くインゴールを守った。「前に出るディフェンス」(NO8/ナンバーエイト丸尾崇真主将、文構4=東京・早実)で、天理大の突破を封じられるかが鍵となるだろう。

CTB長田智希(スポ3=大阪・東海大仰星)やFL(フランカー)相良昌彦(社2=東京・早実)、村田陣悟(スポ1=京都成章)らの確実なタックルが期待される。

また、ラインアウトは早明戦での不調から大幅に改善。大学選手権準々決勝以降安定感が増し、帝京大戦ではモールから2トライを挙げたほか、ラインアウトを起点とした展開ラグビーで得点を重ねた。

ラインアウトがカギを握る

一方の天理大は、大学選手権2試合の合計マイボールラインアウト獲得率が68%と苦戦している。「4年生を中心としたBチームが研究してくれた」(丸尾)という分析に基づいたラインアウトの制圧は決勝においても必須であるはず。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ