人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月15日

【ハイライト動画あり】慶應義塾大学、FW戦を制し京都産業大学に勝利。準々決勝は再びの早慶戦。ラグビー全国大学選手権

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

2年ぶりの大学選手権出場を果たした慶應義塾大学蹴球部。大学日本一へ向けた戦いは、関西の雄・京都産業大学との対戦で幕を開けた。

ラグビー西の聖地・花園で行われ慶大にとってアウェーでの試合となったものの、堂々とした戦いぶりで京産大に一度もリードを許さず、47-14で勝利した。

お互い、強力なFW(フォワード)陣を擁する両者の戦いにおいて、先にその強みを見せたのは慶大であった。慶大は敵陣ゴール前5mラインアウトを獲得すると、ライン際での攻防に持ち込む。前半4分、この攻防に競り勝ち、PR(プロップ)竹内寛(政4・慶應)が先制トライを決めた。

19分に自陣ゴール目前でPK(ペナルティキック)を京産大に与えてしまうと、130kg超えの相手NO8(ナンバーエイト)の突破を許し、同点に追いつかれる。

ゴールに向かうFL山本

しかし前半21分、やられたらやり返すとばかりに慶大は直後のキックオフボールを確保すると、ディフェンスラインを抜け出たFL(フランカー)山本凱(経3・慶應)が華麗なステップを魅せてトライ。再び、京産大を突き放した。

慶大は敵陣深くでのラインアウトを確実に得点に繋げ、27分にPR大山祥平(経4・慶應)が、42分にHO(フッカー)原田衛(総3・桐蔭学園)がトライを決めた。28-7で京産大を大きく突き放し、前半を折り返した。

後半、追い上げを狙う京産大に慶大は、序盤から自陣深くまで攻め入られてしまう。ライン際での攻防となり、京産大FW陣の粘り強いアタックに対して慶大も堅いディフェンスで応戦。しかし、京産大の15回にまで重なった連続攻撃に耐え切れず最後はトライを許してしまう。

だが、慶大はすぐに流れを引き戻す。13分、相手のボールをCTB(センター)イサコ・エノサ(環2・King's College)がインターセプトし、自陣から独走トライを果たした。

26分、スクラムで相手の反則を誘い、敵陣でのラインアウトに持ち込むと、パスをつないで最後はCTB三木亮弥(環4・京都成章)がトライを奪った。さらに38分、相手陣内でのスクラムからトライを演出。その後は京産大に得点を与えず、慶大が47-14で勝利、準々決勝への進出を果たした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ