人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月8日

立命館大学、新型コロナに翻弄されたシーズンを締めくくる勝利。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 立命スポーツ編集局
  • Line

立命館の2020年シーズンが終了

試合終了後、最後の力を振り絞って自ら仲間のところに歩み寄り握手を交わした主将のNO8(ナンバーエイト)庄司拓馬(済4・東海大仰星)。彼の仲間を思いやる気持ちは、シーズン通して変わらなかった。

12月6日、2020ムロオ関西大学ラグビーAリーグの5・6位順位決定戦が宝ヶ池球技場にて行われた。立命館大学Oddリーグ3位摂南大学と対戦した。ここまで、摂南大学は勝利こそ収めていないものの、留学生を中心としたBK(バックス)陣が強力だ。立命館としては何としてもここを抑えて、相手のボール支配を極力減らすことがカギとなる。

しかし、前半から自陣に攻め込まれる時間が続き、7分に先制を許してしまう。巻き返しを図りたいところだが、警戒していた留学生プレーヤーのヴィリアミ・ツイドラキにトライを決められ劣勢の展開。

だが、立命館はFW(フォワード)陣を中心にゲインし敵陣へ攻めこみ、21分CTB(センター)山口魁生(営4・清水谷)が左中間へトライを決め反撃。その後も立命館がプレッシャーをかけ反則を誘うと、モールからインゴールまで攻め、最後はCTB山口が中央へ2トライ目。CTB木田晴斗(情理3・関西大倉)のコンバージョンゴールも決まり、2点差まで追い上げる。

40分にはラインアウトから敵陣内で攻撃を展開し、最後はLO(ロック)田中雄太郎(スポ4・立命館宇治)が中央へ押し込み得点。木田のコンバージョンも決まり逆転に成功する。このまま前半終了と行きたいところだったが、ロスタイムにパスボールをインターセプトされ、19-19の同点で前半を折り返す。

前半21分トライを決めたCTB山口魁生

前半苦しんだ分、後半は序盤からペースをものにしたい立命館。2分、摂南大のペナルティから敵陣を攻め、ラインアウトモールを形成。必死のゲインを見せると、途中出場のFL(フランカー)宮下大輝(営3・報徳学園)が左中間へ押し込みトライを決め再び逆転に成功する。

その後も相手陣内でプレッシャーをかけ、有利な展開を見せていった立命館。12分にはSO(スタンドオフ)江良楓(スポ3・大阪桐蔭)がキックを用い、右中間へビックゲインしそのボールをWTB(ウィング)藤井健太郎(済3・伏見工業)が必死のゲインを見せた。ゴールライン2m手前のところでスクラムを形成すると、最後はLO田中が中央へ押し込みトライ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ