人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月7日

【ハイライト動画あり】熱闘ドローふたたび!トライネーションズ2020最終戦「オーストラリア×アルゼンチン」

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

両軍通じて4枚目のカードが相手に掲げられ、オーストラリアにさらなる追い風が吹いた。

すると後半27分、モールの攻防を制し、グラウンディングに成功したFLフーパー主将が珍しく雄叫び。その後のFBリース・ホッジのコンバージョンも成功し、ついにスコアは振り出し(16-16)となった。

さらにオーストラリアに勝ち越しのチャンスが到来する。

後半39分、アルゼンチンがモールで反則を犯し、ここでオーストラリアのFBホッジがショット選択。しかし40m超のキックはHポールの右に反れ、FBホッジは頭を抱えた。

その後攻防で両者に得点はなく、フルタイムの笛。計4枚のカードが乱れ飛んだ雨中戦は2度目のドロー(16-16)で終幕。前回対戦に続いて勝敗はつかず、ニュージーランドの優勝が決定した。

アルゼンチンのマリオ・レデスマHC(ヘッドコーチ)は試合後、現地メディアに対して「私たちは4週続けて試合があり、他のチームが休んでいる間も休息がありませんでした」とした上で、それでも1勝1敗2分け(2位)で大会を終えた選手の努力を「素晴らしい」と誇った。

オーストラリアも1勝1敗2分けだったが、順位は3位でフィニッシュ。

デイヴ・レニーHCは自軍にレッドカードもあった最終戦を振り返り「今夜の規律面は残念」と語った。

ただ2020年はコロナ禍もありながら、21歳のNO8ハリー・ウィルソンなど新戦力が台頭。オーストラリア代表“ワラビーズ”の今後は楽しみだ。

「私たちにはハードワークできるチームマンの好漢が揃っています。ただそれがパフォーマンスに反映されているかは検討する必要があるでしょう」(オーストラリア・レニーHC)

レニーHCが「成長中」と語るワラビーズのこれからに期待は高まる。2023年のフランスW杯は一体どんな陣容で迎えるのだろう。

もちろんアルゼンチン代表のこれからも見逃せない。

今大会ではオールブラックスから歴史的な初勝利を奪い、オーストラリアとは2度引き分けた。格が一段上がったと感じたファンも多いのではないだろうか。FLパブロ・マテーラ主将率いるアルゼンチン代表の2023年W杯が、今から楽しみでならない。

文:多羅正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ