人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月10日

【ハイライト動画あり】早稲田大学、筑波大学を破り5戦全勝で早慶戦へ。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

先週末、昨季王者の明治大学が慶應義塾大学に敗れ、大混戦となったラグビー関東大学対抗戦。Aグループ8大学の中で唯一黒星のない早稲田大学は、このままトップを走り続けるべく、筑波大学との一戦に臨んだ。

開始8分で筑波大がシンビンを受け数的優位に。この状況を生かしてモールを組み、先制点を奪取。順調に得点を重ね、38-10で前半を終えた。後半は前半とは打って変わって拮抗(きっこう)した展開になる。筑波大のBK(バックス)陣を止めきれずトライをされるシーンはあるものの、前半のリードを守り切り50-22と勝利を収めた。

ゲームが動いたのは開始8分。筑波大の選手が危険なタックルによってシンビンを受け、10分間の一時退場になると、優位な状況を生かしてラインアウトからモールを組み、最後はフッカー宮武海人(政経3=東京・早大学院)がトライ。

丸尾崇真主将のトライ

その後、すぐに同点に追いつかれるが、筑波大の選手がもう一人シンビンで一時退場し、一時は15人対13人の状態になる。この好機を逃さない早大は、スクラムからNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真主将(文構4=東京・早実)が抜け出してトライを奪う。

さらに、32分にはこの試合MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれたCTB(センター)平井亮佑(スポ4=福岡・修猷館)が、インゴール中央を駆け抜けてグラウンディングするなど、終わってみれば前半だけで6トライの猛攻。38-10で試合を折り返した。

後半開始5分、筑波大のゲインを止めることができずトライを献上してしまう。セットプレーでは終始優勢だったが、パスミスや筑波大のスピードある展開ラグビーに苦しみ、前半のようにはトライを量産できず、得点だけ見れば後半は12-12のイーブン。

しかし、後半21分には、ラインブレイクしたSH(スクラムハーフ)小西泰聖(スポ2=神奈川・桐蔭学園)からのパスをCTB長田智希(スポ3=大阪・東海大仰星)が受けて前進。最後はサポートに入ったFL(フランカー)坪郷智輝(法4=埼玉・川越東)がフィニッシュ。早大らしい細かいパスワークを駆使したトライで連携の強化を見せつけた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ