人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月9日

京都産業大学、ラストプレーで開幕戦を劇的逆転勝利。ラグビー関西大学リーグ

ラグビーレポート by 京産大アスレチック
  • Line

今年から伊藤鐘史監督が指揮を執る京都産業大学は、11月8日(日)関西大学ラグビーAリーグの開幕戦で立命館大学に逆転勝ちし、シーズンのスタートを切った。

今シーズンの前半は、新型コロナウイルスの影響で全ての大学が活動自粛を余儀なくされた。各々段階的に練習を再開していた8月には、天理大学ラグビー部内でクラスターが発生。リーグ戦の開催自体が危ぶまれていた。

そんな中、変則的ではあるがなんとかこぎ着けた公式戦開幕戦。試合前関係者がスタンバイするエリアでは「なんとかここまで来られて良かった」という言葉が何度も聞こえてきた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

待ちに待った開幕戦は、鶴見緑地球技場で12:00にキックオフ。開場前から多くのファンが長蛇の列を作り、感染対策として間隔をあけての着席とはいえチケットは完売した。

相手は3週間前の練習試合で快勝している立命館大だが、昨シーズン終盤に手痛い敗戦を喫した因縁の相手でもある。伊藤監督も選手たちに「必ず練習試合通りにはならない。80分終わった時に1点勝っていればいい」と話していたそうだ。

序盤のスクラムでの攻防

前半3分、京産大は敵陣でマイボールのファーストスクラムを得る。相手と上手くかみ合わなかった影響もあり、そこから実質6分ほどスクラムを組み続けた。ペナルティを得ても強気の姿勢で組み直しを続けたが、最後は逆にペナルティを犯してしまう。

立命館大全体のスクラムへの執念は凄まじかった。一度組み直しになるたびにほぼ全員が大きな声で自らを鼓舞し、ペースを渡さない。一方、京産大はスクラムが崩れると円になって意見を出し合うなど、対照的な両チームの姿が印象に残った。

前半14分、京産大はSO(スタンドオフ)西仲隼(近大付属)が22mラインから相手のギャップを突き、抜け出してそのままトライ。ゴールも決まって7-0と先制する。直後の18分に7点を返され同点になるも、24分にラックからHO(フッカー)梅基天翔(高岡第一)が飛び込み再びリード。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ