人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月25日

【ハイライト動画あり】ピューマズが大健闘!雑草軍団がスター揃いのストーマーズを苦しめる。

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

雑草軍団がホームで輝いた。

ピューマズvsストーマーズ

10月9日(金)開幕の南アフリカ国内大会「スーパーラグビー(SR)アンロックト」で、SR初参戦を果たしたピューマズ。

1勝1敗で迎えた10月24日(土)第3節は、本拠地のムボンベラ・スタジアム(ネルスプロイト)に、1勝0敗の強豪ストーマーズを迎えた。

ピューマズは南アフリカで120年以上の歴史を持つ国内選手権「カリーカップ」の参加チームだが、優勝をしたことはない。

豊富なタレントを誇るわけでもなく、ストーマーズ戦のメンバー23人に南アフリカ代表“スプリングボクス”の経験者はゼロ。

年代別代表(高校、U20等)の経験者すらFLフランソワ・クライハンス(U20代表)、SOエドゥアルド・フォウチェ(高校“A”代表)、リザーブのPRリアム・ヘンドリクス(高校代表)の3人のみだ。

いわばピューマズは、地道に力をつけてきた実力者たちが集う“雑草軍団”と言えるだろう。

対照的にストーマーズは“スター軍団”だ。

チームの顔は2019年ワールドカップ(W杯)南アフリカ代表でも主将を務め、優勝杯を掲げたFLシヤ・コリシ

ダミアン・ヴィレムセが直前にメンバー外となったものの、そのほか4人のW杯メンバー(PRフランス・マルハーバ、HOボンギ・ンボナンビ、SHハーシェル・ヤンチース、FBウォリック・ヘラント)が先発に並んだ。

さらには南アフリカU20代表でキャプテンを務めた22歳のLOサラマン・モエラットなど、将来のスプリングボクス入りを期待される若手有望株も多い。選手層ではピューマズを圧倒しているだろう。

だからこそ下馬評はストーマーズ有利だったが、試合は予想外の展開となった。

ストーマーズは前半から青息吐息。ピューマズは前半を16点リード(30-14)で折り返し、後半20分過ぎまで、なんと23点のリードを獲得していた。一体なにがあったのか。

【ハイライト】ピューマズvsストーマーズ|スーパーラグビー2020 南アフリカ ラウンド3

この日のピューマズは、まずキックゲームで優勢に立った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ