人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月9日

世界最高峰のビッグマッチを堪能しよう!ブレディスローカップ2020第1戦「ニュージーランド×オーストラリア」プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

2019年ワールドカップ(W杯)日本大会から約1年。

 世界最高峰の定期戦「ブレディスローカップ」で、世界ランク2位のニュージーランド(NZ)代表“オールブラックス”と、同7位のオーストラリア代表“ワラビーズ”が激突する。

 ブレディスローカップとは、タスマン海を挟んだ隣国同士であるNZとオーストラリアの定期戦。

毎年数試合が行われ、勝ち越した側にかつてのNZ総督、ブレディスロー卿にちなんだカップが贈られる。

今年はNZ国内での2試合(10月11日、18日)に加えて、31日に開幕日が変更された南半球4か国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」における2試合(10月31日、11月7日)の計4試合で争われる。

10月11日(日)にNZの首都ウェリントンで開催される第1戦は、両軍ともに19年W杯後に新たな指揮官を迎えての初陣となる。

NZ代表はイアン・フォスターがコーチからHC(ヘッドコーチ)に昇格。オーストラリア代表はマイケル・チェイカHCが辞任し、NZ出身のデイヴ・レニーHCが就任した。

また新生ワラビーズにはかつて宗像サニックスでプレーしたジェフ・パーリングがFWコーチとして参画した。彼の専門領域であるラインアウトの攻防にも注目したい。

超弩級のビッグマッチ、ブレディスローカップ第1戦の両軍メンバーが発表されている。

まずは、9月第4週から北島ファカタネ(ベイ・オブ・プレンティー地方)でキャンプを始動させ、約3週間の準備を積んできたNZ代表から見てみよう。

■ニュージーランド代表 試合登録メンバー

ニュージーランド代表 スターティングメンバー

1.ジョー・ムーディー 2.コーディー・テイラー 3.オファ・トゥウンガファシ 4.パトリック・トゥイプロトゥ 5.サム・ホワイトロック 6.シャノン・フリゼル 7.サム・ケイン(主将) 8.アーディー・サヴェア 9.アーロン・スミス 10.リッチー・モウンガ 11.ジョージ・ブリッジ 12.ジャック・グッドヒュー 13.リーコ・イオアネ 14.ジョーディー・バレット 15.ボーデン・バレット

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ