人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月27日

明治大学、対抗戦連覇と大学王者『奪還』に向け、いざ勝負の秋へ。ラグビー関東大学対抗戦チーム紹介

ラグビーレポート by 明大スポーツ新聞部
  • Line

FW最後方からチームを牽引する箸本主将

再興か、後退か――。勝負の秋、待望のラグビーシーズンが幕を開ける。9月11日に関東ラグビー協会より、関東大学対抗戦の日程及び組み合わせが発表された。昨年同大会を全勝優勝で飾った明治大学は、箸本龍雅主将(商4=東福岡)を筆頭に、対抗戦連覇に向けて着々と準備を進める。

いまだ記憶に新しい1月11日、昨年度の全国大学選手権決勝の早稲田大学戦。下馬評では、春季大会、対抗戦の戦績から分があるとされていた明大だったが、早大の猛攻に後手を踏んだ。

35-45。好敵手の祝杯を前に「(来年は)絶対に早稲田に勝って優勝する」。箸本は試合後のインタビューで、リベンジを誓った。

J SPORTS オンデマンド番組情報

あれから7カ月、新型コロナウイルスの影響もあり、チームが本格的に活動を再開したのは8月の下旬。福島県のJヴィレッジにて約1週間の合宿を行った。9月に入ってからも、関東学院大学、慶應義塾大学、流通経済大学と実戦形式の合同練習を行い、来る対抗戦開幕に向け、調整は着々と進んでいる。

新体制発足時、指揮官は今年の最上級生を「本当に向上心のある学年」(田中澄憲監督)と位置付けた。昨年のチームとの違いについても「全体的に競争しながら成長していく感覚がある」。春シーズンはフィジカルとベースの部分に重きを置き、「1人1人の成長が大きくなり、それがチームになった時……」と期待を寄せる。

今年の明大も選手は粒ぞろいだ。主将の箸本は今年からNO8(ナンバーエイト)にポジションを転向。大学選手権直後には、スーパーリーグのサンウルブズにも合流した。「後悔のない1年、全員が楽しかったと思える1年に」。今年はスクラムの最後方から、チームを鼓舞していく。

今年もチームの心臓として活躍が期待される山沢

副将を務めるのはLO(ロック)片倉康瑛(法4=明大中野)と、SO(スタンドオフ)山沢京平(政経4=深谷)。片倉は2年次から、山沢は1年次から紫紺に袖を通し、長年チームの柱としてプレー。

「闘争心を持ち、統率したい」と片倉が言えば、山沢は「プレーでチームを引っ張る」。片倉は長身を生かしたセットプレー、山沢は正確無比なキックと敵陣切り裂くランを武器に、チームを牽引する。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ