人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年9月4日

レベルズ、プレーオフ進出を賭けたフォースとの最終戦。スーパーラグビー2020オーストラリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

プレーオフ進出なるか

スーパーラグビーのオーストラリア本拠を持つ4チームと、2017年シーズンまで参戦していたフォースの計5チームで行われる国内大会「スーパーラグビー2020オーストラリア」も、7月3日(金)の開幕から2ヶ月が過ぎ、今週末でレギュラーシーズン最終節となる第10節が行われる。

現在4位で、最終戦にプレーオフ進出の望みをかけるレベルズと、最終戦で今大会初白星を狙うフォースが、9月5日(土)に激突する。

なお、新型コロナウィルスの感染拡大防止のロックダウンの影響で、試合はレベルズの本拠であるヴィクトリア州のメルボルンではなく、車で2時間ほど離れたニューサウスウェールズ州ニューカッスルのマクドナルド・ジョーンズスタジアムで行われる。

レベルズは前節、3位でプレーオフを目指すライバルのワラターズと対戦した。終盤激しく追い上げるも32-38で敗戦。それでも、試合終了間際にPG(ペナルティゴール)を決め、7点差以内の負けでボーナスポイント1を得て、勝ち点を15とした。

そのためレベルズはこの試合、4点差以上で勝利すれば、ワラターズと勝ち点19で並ぶが得失点差で上回り、3位となって逆転でプレーオフの切符を手にすることができる。

レベルズのデイビッド・ヴェッセルズHC(ヘッドコーチ)は、ワラターズ戦からFW(フォワード)1名、BK(バックス)5名、ポジション変更を入れると6名の先発を変更した。FWはFL(フランカー)リチャード・ハードウィックがスターターになり、ブラッド・ウィルキンが控えにまわった。

BKはオーストラリア代表で、日本でのプレー経験もあるキャプテンのデイン・ハイレット ペッティが膝のケガから7月24日の第4節以来の復帰となり、定位置であるFB(フルバック)で先発する。

SH(スクラムハーフ)はフランク・ロマニに代わりジェームズ・タトルが入り、前節CTB(センター)でプレーし、攻守に渡り好調だったワラビーズのマット・トゥームアがSO(スタンドオフ)を務める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ