人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月7日

恩師の誘いを断り、涙。山下昂大の新たなる挑戦 早稲田佐賀高校ラグビー部初代監督就任へ

元トップリーガーの今 by 村上 晃一
  • Line

──大学でもトップリーグでもなく、高校の指導者になりたいのはなぜですか。

「大学生はある程度パーソナリティーができていますよね。高校生の人間形成に寄与できるのは、すごくやりがいがあるし、ラグビーのスキルだけを教えるのではなく、人としての土台の部分を育みたいという思いがあります。そういう職業はなかなかありません」

──早稲田佐賀高校ラグビー部のチーム理念として「姿勢と行動で目の前の人に勇気と喜びを与える」を掲げましたね。

「たとえば校則を破ったとして、良いか悪いかを考えるとき、それが理念に則っているかどうかが大事です。間違ったことをしていたら謝るのが当然ですが、なぜそうしたのか、そうしてしまったのか、人として理念に則っているかということです。理念を作り、チームに一本芯を通したいという思いがありました」

──勇気と喜びを与えるような体験をしたのですか。

「この理念を考えたとき、自分が体験したことよりも、させてもらった立場で考えました。昨年のラグビーワールドカップの日本代表には感動させられたし、同期の立川理道選手が日本代表、サンウルブズを目指して努力する姿勢にも感動しました。部員達には、ラグビーだけではなく、学校生活、寮生活で姿勢の部分を人として大事にしてもらいたいと思っています」

──ラグビーというスポーツから学んでほしいのはどんなことですか。

「自己犠牲という言葉をよく使いますが、僕はいま一つぴんとこないのです。タックルするのも、チームに貢献できることだからしてるわけですよね。犠牲というより、一人一人が自分に与えられた役割を100%まっとうすることでしか、15人という人数の多いチームスポーツで勝つことはできないと思います。自分がすべきことに100%コミットするということの大切さをラグビーから学んでほしいです」

──教員ではなく職員の立場で監督になるのもユニークですね。

「いま、働き方改革等で教員の時間のやりくりが難しくなっています。職員が部活動の時間を担当するという新しい形ですし、トップリーガーのセカンドキャリアの新しいモデルを唐津から発信できたらという思いもあります」

──来春の創部になるようですが、それまではどんな活動をするのですか。

「創立10年の若い学校です。私は事務局の広報担当でもありますので、学校、そしてラグビー部創部の周知活動をしようと思っています。先日も福岡のラグビースクール5校をまわりました。受験のハードルもありますので、そのあたりの説明をしながら、学校の魅力、ラグビー部一期生としての魅力などを伝えています。創部一期生は、いまの中学3年生にだけ与えられた権利ですからね。あとは私自身のラグビーのブラッシュアップをしていきたいと思っています」

──新入部員は何名くらいが理想ですか。

「15人から20人ですね。監督の目が届かない人数だと不幸な生徒が生まれます。これくらいで3学年揃うのが良い人数だと感じています。早稲田佐賀高校は、約1000名の生徒がいますが、約650人が寮生です。4割くらいが福岡からで、東京、神奈川、千葉、埼玉が4割います。日本のいたるとこから生徒が来ていますし、帰国子女の生徒もたくさん学んでいます。さまざまな考え、いろんな出身地の子と触れ合える。多様性を経験できるのもこの学校の大きな魅力です」

──すぐには花園に出られないのが現実だと思います。どのように中学生に話すのですか。

「早稲田大学への内部進学率が西日本では一番です。学校としての魅力が大きいと思います。4割くらいが福岡からの生徒と言いましたが、福岡はラグビーの強い学校が多いので、早稲田佐賀も受験の選択肢になると思います。僕が花園で優勝し、U20日本代表、トップリーグなどいろいろ経験していますので、それも魅力にして感じてもらえれば嬉しいです」

──山下さんの東福岡高校時代のコーチである藤田さんには報告したのですか。

「藤田先生には、東福岡高校で教員にならないかと声をかけていただきました。なんとなく、周囲からは僕が東福岡に行って藤田先生の後を継ぐのではないかと思われていたし、僕自身もそんな気持ちでいました。でも、早稲田佐賀が少し先に声をかけてくださったということです。ラグビー部を立ち上げから指導してみたいという気持ちもありました。早稲田佐賀に心が傾いているときに東福岡からも話をいただいたのです」

──恩師からの誘いでは心が動いたでしょうね。

「藤田先生と食事をしながら話しました。迷いもありましたが、気持ちは早稲田佐賀に動いていることを正直に話しました。泣きながらでしたね。最後は背中を押すような言葉をもらいました。記者会見の夜も電話しましたが、『できることがあったら、なんでも言ってくれ』という温かい言葉をいただきました」

──目標を聞かせてください。

「長期的には花園に出ることですが、佐賀県には佐賀工業高校という偉大なチームがあります。しっかり戦って勝てるようなチームを作っていきたいですね。プレースタイルは、早稲田大学に近い、見て楽しく、やっても楽しいものを目指します。それが選手自身のプレー向上につながる一番の近道ですから。ボールを動かすスタイルは僕のロジックや戦略的な部分がはまると思います。プラスアルファで早稲田佐賀のオリジナルラグビーを作っていければと考えています」


文:村上晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ