人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年7月3日

サンウルブズでプレーしたストーバーグ(近鉄)が先発へ!豪州版スーパーラグビーも開幕!ブランビーズ×レベルズ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

オーストラリアで国内版スーパーラグビー(SR)がいよいよ開幕する。

6月開幕のニュージーランド版スーパーラグビー「アオテアロア」に続いて、オーストラリアでもSR代替大会「スーパーラグビー オーストラリア(AU)」の火蓋が切られる。

参加チームは、東オーストラリアを拠点とするレッズワラターズブランビーズレベルズ。そして2017年シーズンをもってSRから除外された西海岸チーム、フォースだ。

5チームはホーム&アウェーで10週間のレギュラーシーズンを行い、プレーオフで優勝を決定。当面は無観客で行われるが、状況次第で9月19日の決勝戦までに観客が入る可能性もある。

記念すべき開幕節は2試合が行われ、7月4日(土)は、首都キャンベラのGIOスタジアムで、地元ブランビーズがレベルズを迎え撃つ。

中止前の2020年シーズンで、ブランビーズは5勝1敗でカンファレンス首位。一方のレベルズは3勝3敗で2位であり、いきなり強豪同士のビッグマッチとなる。

両軍の先発メンバーが発表されており、やはり日本のラグビーファンとしては、レベルズで先発を飾るサンウルブズ(日本)出身選手に注目したい。

サンウルブズはスーパーラグビーAUに参戦希望だったが実現せず、6月2日に活動終了が公表された。

ただサンウルブズの2020年シーズンで飛躍を遂げ、将来の日本代表入りも期待されているハードワーカーが、レベルズの一員として先発を果たす。

2016年から近鉄ライナーズでプレーする身長204センチの27歳、ロックのマイケル・ストーバーグだ。

愚直なプレースタイルが同部で14シーズン活動した元日本代表ロック、トンプソンルークに似ていることもあり「トンプソン2世」と呼ばれることもある。

2020年のサンウルブズに新加入したストーバーグは全6試合に先発し、SR公式の週間ベスト15に3度選出されるなど大活躍。ナショナルチームやサンウルブズ以外のSRチームに参加歴はなかったが、今シーズンは世界的に注目を集めた。

サンウルブズでの活躍が今回のレベルズ招集を後押したのだろう。サンウルブズから飛躍したストーバーグのプレーに注目したい。

レベルズの先発には、同じく近鉄所属のSHライアン・ローレンスの名前も。ハーフ団を組むのは2019年W杯オーストラリア代表のSOマット・トゥームアだ。

バックスが強力で、2019年W杯組ではキャプテンを務めるFBデイン・ハイレットペティ、CTBリース・ホッジ、WTBマリカ・コロインベテが顔を並べる。

フォワードでは主力NO8のイシ・ナイサラニがハムストリング負傷のため、万能型のハードワーカー、マイケル・ウェルズが8番に入った。21歳のFLジョシュ・メケニーはデビュー戦となる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ