人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年5月19日

アピール機会を失った高校3年生を救う『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクト 発起人・野澤武史さんに聞く

元トップリーガーの今 by 多羅 正崇
  • Line

「投稿された動画を見て『こんな選手がいたんだ』と驚いています。リクルーターはすべての選手を見られるわけではありません。私も毎年5、6、7月はすべての週末を使って全国を回ってきましたが、それでも見切れないのが実情です」

だからプレー動画の投稿は、タレント発掘の大きな手助けになる。

今回のプロジェクトをきっかけに、今後のスカウト活動に地殻変動が起きるかもしれない。ステップアップしたい選手は自身のプレー動画を持っておくことが常識となり、採用担当者がそのチェックが活動の一環になる可能性もある。

「個人がアピールする時代です。自身でプレー動画を持っておくことは手数が増えることにもなるでしょう。今後はフロントローのスクラム動画であったり、キック動画であったりをアップする人が出てくるかもしれませんね」

今回のプロジェクトはバスケットボール界とも連動している。

野澤さんの人脈で、同様の取り組みを模索していたバスケ関係者との協働が実現。バスケ界は「#バスケを止めるな2020」のハッシュタグでのSNS投稿を募集する。

「苦しい状況は他の競技団体も同じ。最終的には『ラグビーを止めるな』が『スポーツを止めるな』に繋がっていけばいいですね」

まだスタートしたばかりの『#ラグビーを止めるな2020』プロジェクト。高校3年生だけでなくトップリーグ入りを希望する社会人選手なども動画投稿を始めており、今後の展開が見逃せない。

いずれにせよ、ラグビーに懸ける若者の情熱が『#ラグビーを止めるな2020』をきっかけに噴き出し、大きなうねりを生み出そうとしていることは事実だろう。

文・写真 多羅正崇


■日本ラグビー協会リソースコーチ 野澤武史さんが注目する高校3年生


大阪朝鮮/NO8金 勇哲 「突破力はピカイチ」

東海大大阪仰星/WTB大畑 亮太 「抜群のスピード」

東福岡/WTB坂本 公平 「覚醒の感あり」
多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ