人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年2月5日

明日なきチームの永遠 ~サンウルブズ、開幕戦を制す~

be rugby ~ラグビーであれ~ by 藤島 大
  • Line

おしまいの始まりにひとつの感激があった。サンウルブズ、開幕節に勝つ。スーパーラグビーにおいて白星をつかんでの発進は「初めて」だ。そして「これが最後」でもある。

トップリーグのシーズンと重なった。国内主力級の参加は難しい。もとより本年限りのサヨナラも決まっている。ファンの期待は薄かった。そう書いて間違いではない。なんて他人事を装うのはズルで、白状するなら、本稿の筆者も同じだった。

だから福岡からの朗報に酔っぱらいたくなった。36-27。レベルズを堂々と退ける。東京都内のサンウルブズ熱烈支持の主人の酒場で、カチンと褐色ビールのグラスを鳴らした。次戦は、2月15日、秩父宮ラグビー場における対チーフス。現代の名将のひとり、前ウェールズ監督のウォーレン・ガットランドが率いるニュージーランドのフランチャイズを破るのは簡単ではあるまい。でも、そんな難儀もまたうれしくなる。

選手の会場入りの直後、フランカーで先発の布巻峻介をJSPORTSがインタビューした。

写真:布巻 峻介選手

「約4週間という短い期間にも最高の準備ができたと思っています」

自軍の開幕試合前に「よい準備ができなかった」とマイクに口にするラグビー選手はこの世にいない。ではパナソニックワイルドナイツ所属、10番のゲーム理解と12番のパス能力を備えた7番もありきたりな「辞令」を述べたのか。違う。この人は心にないことは言わない。ほどなく、それは証明された。

空港のそばのスタジアムに終了の笛が響き、ややあって記者会見が始まる。 サンウルブズの大久保直弥HC(ヘッドコーチ)は言った。

写真:大久保直弥HC(ヘッドコーチ)

「サンウルブズ、大丈夫か、という声もあったようなので、この勝利を機にわれわれが寄せ集めではないとわかっていただけたらうれしいです」

ふたつのコメントのあいだに太陽カラーのジャージィの具体的な攻守があった。

開始1分。いまでも昨年のワールドカップのジャパンの一員であったような気にさせられる実力者、布巻が見事なターンオーバーを成功させる。よき予感を呼ぶ幕開けだ。同8分過ぎ。右ラインアウト起点、近場の縦を突き、短く右へ持ち出し、ラックから元南アフリカ代表の9番、ルディ・ペイジがショートサイドで巧みに時間をつくり、天理大学「3回生」(ある大阪出身のファンが『関西の大学の選手には3回生、関東なら3年生と中継で呼び分けられるとゾクっくる』といつか話していた)の14番、シオサイア・フィフィタが急がず「タメ」をつくって一気に抜けた。左展開。元イングランド代表のベン・テオからパナソニックの森谷圭介、12ー13のミッドフィールドにパスは渡りフィニッシュはかなった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ