人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月22日

慶應義塾大学、プライドをかけた早慶戦。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

写真:伝統の一戦で明治大学に大敗

11月に再開した関東大学対抗戦もいよいよクライマックス。ここまで2勝3敗の慶應義塾大学は、いよいよ伝統の早慶戦に臨む。11月10日(土)には明治大学を相手に3-40と完敗。ルーツ校としてのプライドをかけ、ここまで対抗戦を全勝で突き進む早稲田大学に挑む。

11月10日の明大戦、慶大はSO(スタンドオフ)中楠一期(総1・國學院久我山)のPG(ペナルティゴール)で先制するも、それ以降は相手の武器であるFW(フォワード)陣を中心に繰り広げられる明大ラグビーに終始苦しめられ、対抗戦では3年ぶりの敗戦となった。

だが、慶大に落ち込んでいる暇はない。2週間の後の11月23日(土)には、伝統の一戦・早慶戦が待ち受けている。

早大の強さを語る上で、SH(スクラムハーフ)齋藤直人と、SO岸岡智樹の両ハーフの存在を欠かすことはできない。

日本代表候補に学生で唯一選ばれていたSH齋藤は、精度の高いパスと素早い球出しで攻撃のテンポを作る。SO岸岡は正確無比のキックでボールを展開する、こちらも大学屈指のゲームメーカーだ。

さらに河瀬諒介、中野将伍、長田智希といった決定力のあるランナーを擁するエリート集団の活躍が、対抗戦ここまで5試合で3度の2桁トライをマークした力強い攻撃力の要因となっている。

長短を織り交ぜた素早いパスをまわし、フェーズを重ねる展開ラグビーが早大の伝統的な持ち味だ。

また、タレント揃いなのはFW陣も同様。小林賢太、下川甲嗣など年代別代表に選ばれた経歴を持つ選手が揃っている。春季大会での対戦は慶大がスクラムで勝る場面が目立ったが、この夏を通じて強化が進んだ。

また、ブレイクダウンでの粘り強さでも相手に流れを渡さない。栗原徹HC(ヘッドコーチ)も「隙のないチームになっている」と警戒している。明大戦と同様にかなり厳しい戦いが予想される。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ