人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月22日

全勝の早稲田大学、早慶戦に挑む。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

今年もこの時期がやってきた。今週末、東京・秩父宮ラグビー場で伝統の一戦が行われる。

前節では、ロスタイムにSH(スクラムハーフ)齋藤直人主将(スポ4=神奈川・桐蔭学園)が逆転トライを挙げ、9年ぶりに関東大学対抗戦(対抗戦)で帝京大学に勝利を収めた早稲田大学。次なる相手は宿敵・慶應義塾大学だ。

今年の対戦は関東大学春季大会。その時は、36-12と早大が令和最初の早慶戦を制している。慶大にとっては、全国大学選手権出場をかけて、早大にとっては、全勝優勝に向けてプライドがぶつかり合う大事な一戦だ。

帝京大に劇的勝利をあげた早大。その試合はまさに激闘だった。先制したものの、ブレイクダウンで激しい攻防を繰り広げ、前半35分にミスから被トライ。帝京大のPG(ペナルティゴール)もあり、17-25と今季対抗戦で初めてビハインドで試合を折り返した。

しかし、早大が帝京大にじりじりと迫る。「全員が集中をしていたので、トライを取れました」とFL(フランカー)幸重天副将(文構4=大分舞鶴)が振り返るように、最後は地力の高さを見せつけ、同じく全勝で並んでいた帝京大に白星をあげた。

ただ、アンラッキーな形とは言え、パスミスから失点してしまう場面や、ディフェンスでの規律が乱れる場面など課題も残った。しかし、対抗戦での失点は最少の50点。ディフェンスには確かな自信を持っている。

対する慶大。既に2敗しており、大学選手権出場に向けもう、後がない中、前節は明治大学と対戦。

明大のミスもあり、1年生ながら司令塔を担うSO(スタンドオフ)中楠一期(慶大)のPGで先制したものの、強力なFW(フォワード)陣とタレントぞろいなBK(バックス)陣に攻め込まれ最終スコアは3-40。ノートライに抑え込まれ完敗を喫してしまった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ