人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年10月31日

「この試合のために4年間、準備してきた」。イングランド、決勝戦のメンバーを発表。ラグビーワールドカップ2019

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

11月2日(土)、神奈川・横浜国際総合競技場。ラグビーワールドカップ決勝戦で、イングランド世界ランキング1位)と南アフリカ(同2位)が激突する。

2日前の10月31日(木)、イングランドが試合登録メンバー23名を発表した。

4度目の決勝進出で2003年大会以来、2度目の優勝を目指すイングランドは、先発15人は準決勝と同じメンバー。

平均年齢は27歳で、キャップ数の平均(ブリティッシュアンドアイリッシュライオンズの遠征含む)は51キャップとなった。

SO(スタンドオフ)にはジョージ・フォード、キャプテンのオーウェン・ファレルはインサイドCTB(センター)に入った。

また、エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が「カミカゼキッズ」と呼ぶ、FL(フランカー)トム・カリー、サム・アンダーヒルの平均年齢は22歳で、これまで決勝に進出したチームでは最も若いFLとなった。

控えには負傷したSH(スクラムハーフ)ウィリー・ヘインツに替わって、急遽招集されたSHベン・スペンサーが入った。

外国人HCでで初めて決勝に進出したジョーンズHCは「この試合のために4年間、準備してきた」。

「どのようなプレーがしたいか、戦術的な明確さもありますし、フィットもしていますし、この大会を楽しんでいます。悲しいのはこの大会が間も無く終わってしまうことだけです」。

「素晴らしい時間を過ごしてきました。もっと続けたいですが終わりが来てしまうので、最後の1試合でいいプレーがしたい」。

「だから、土曜日に何も恐れることはなく、グラウンドに出てプレーをするだけです」と意気込んだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ