人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月25日

決勝トーナメント進出を狙うイタリアにカナダが挑む「イタリア vs. カナダ」プレビュー。ラグビーW杯日本大会

ラグビーレポート by 村上 晃一
  • Line

9月26日、福岡県の東平尾公園博多の森球技場で行われるのは、プールBのイタリア対カナダの一戦だ。同日、神戸市御崎公園球技場ではイングランド対アメリカが開催されるが、カナダとアメリカは今大会の初戦。これで参加20チームがすべて登場することになる。

イタリアは、9月22日、東大阪市花園ラグビー場でナミビアと対戦し、47-22で勝利した。序盤はナミビアの素早い攻めと前に出てくるディフェンスに苦しめられ、イージーミスも続いて思うようにスコア出来なかった。中3日というタイトな日程で迎えるカナダ戦は、ナミビア戦から先発で10名の変更がある。初の決勝トーナメント進出を狙うイタリアは、10月4日、最大のターゲットである南アフリカとの一戦を控える。そこまでの2戦は日程も考慮して多くのメンバーを起用し、ベストメンバーで南アフリカに臨む考えだろう。

今回は本来のキャプテンであるNO8セルジョ・パリッセが欠場し、ニュージーランド出身のLOディーン・バッド(196㎝、106㎏、33歳)がキャプテンを務める。パリセの抜けたNO8にはナミビア戦で6番を背負ったエイブラム・ステイン(193㎝、110㎏、27歳)が移動。セットプレーの要であるHOは、ナミビア戦に続いてルカ・ビジ(180㎝、97㎏、28歳)が入る。スクラムでカナダに圧力をかけたいところだ。

BKラインは魅力的な選手が揃う。SOトンマーゾ・アラン(184㎝、92㎏、26歳)は、イタリア生まれの南アフリカ育ち。南アフリカのユース代表を経験したのち、父の故郷であるスコットランドに移住し、プレーを続けた。現在はイタリアのベネトンに所属する。ラグビーワールドカップ(RWC)は2大会目で経験もあり、戦術眼に優れる。カナダの防御をどう崩すか見ものだ。同じく2度目の出場となるCTBミケーレ・カンパニャーロ(184㎝、94㎏、26歳)は、イタリアBKの中心で突破力がある。2017年に代表デビューしたFBマッテオ・ミノッティは、変幻自在のステップワークが持ち味。この3人でカナダの防御をかく乱するだろう。
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ