人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年9月18日

日本代表、出陣。ラグビーW杯日本大会開幕戦「日本 vs. ロシア」プレビュー

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

もちろんロシアの指揮官、リン・ジョーンズHCは、日本の強みを理解している。

「われわれはかなりプレッシャーを受けるだろう。ゲームは肉弾戦、かつ速い展開になると予想している」

「日本はスピードを生かそうとするので、われわれにとっては集中力が鍵だ。ゲーム中はともかく集中力を切らさないことだ。アウェーのプレッシャーに負けず、試合後のことなど気にしないでいく」

原稿執筆時点で出場メンバーは未定だが、怪我明けのHO(フッカー)堀江翔太、FL/NO8姫野和樹の出場も予想される。リーチ主将を筆頭にセットピース(スクラムとラインアウト)を安定させ、堅固な土台を築きたい。

司令塔とも呼ばれるSO(スタンドオフ)は田村優の先発が予想される。的確な判断によるパス、キックで得点機を呼び込む。

注目はWTB(ウイング)とFB(フルバック)のメンバーだろう。エースのWTB福岡堅樹は南アフリカ戦で右ふくらはぎを負傷し、開幕戦は回避見込み。

南アフリカ戦ではキック処理に課題を残した。ロシアはクシナリョフ、ガイシンというキックが得意な10番を擁しており、日本のバックスリーは警戒が必要だろう。

ジャパンが誇る精緻なスクラムは、南アフリカ戦で強みを発揮。ただロシアは相手1番のPR(プロップ)ヴァレリー・モロゾフが強烈。

3番のPRウラジミール・ポドレゾフは昨年の対戦で、劣勢時に故意にスクラムを崩していた。反則を見るナイジェル・オーウェンス レフリーとのコミュニケーションも重要になるだろう。

ロシアを格下と見る向きもあるが、参加20か国が死力を尽くす4年に1度の世界最強決定戦で、楽な試合はひとつもないはずだ。

リーチ主将は開幕戦へ向けて気を引き締めている。

「(初戦の相手)ロシアを非常にリスペクトしている。フィジカルにすごく自信があるし、強いバックスも多くセットプレーも強い」

「フィジカルで負けてはいけないが、それよりメンタルの部分。相手はこの試合に100%をかけてベストの状態でやってくる。ずっと前から言っているが、(プール戦)4試合の中で、一番きつい試合になる」

運命のキックオフは19時45分だ。多くの期待を背に受けて、勇敢な桜の戦士たちが走り出す。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ