人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月30日

日本代表発表!過去最強のチームでベスト8を目指す。ラグビーワールドカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

9月20日に開幕するラグビーワールドカップに出場するラグビー日本代表の最終スコッド31名が、8月29日(木)に発表された。

ワールドカップの予選プールで対戦するロシア代表、アイルランド代表、サモア代表、スコットランド代表とFWの大きな相手が多いため、FW18人、BK13人という構成になった。

キャプテンは前回大会に続いてFL(フランカー)リーチ マイケルが務める。31名中、ワールドカップに初出場となった選手は21名、10名は過去に1大会以上ワールドカップを経験している。

その中でも特筆すべきは38歳のLO(ロック)トンプソン ルークだ。2007年大会以来、4大会目の選出。

今大会も出場すれば、日本代表として初めて4大会出場した選手となる。また前回大会37歳で出場したLO大野均の持つ日本代表の最年長出場記録更新もかかっている。

他にはキャプテンFLリーチを筆頭にHO(フッカー)堀江翔太、SH(スクラムハーフ)田中史朗と、スーパーラグビー経験も豊富な3選手が、3大会連続の選出となった。

また、前回大会出場した選手はPR(プロップ)稲垣啓太、FLツイ ヘンドリック、NO8(ナンバーエイト)アマナキ・レレィ・マフィ、SO(スタンドオフ)田村優、WTB(ウイング)福岡堅樹、WTB/FB(フルバック)松島幸太朗の6人だ。

なお、31名の中で最多キャップはBK(バックス)最年長34歳のSH田中で70キャップ、一方、HO北出卓也はノンキャップながらの選出となった。

最年長はLOトンプソンの38歳、最年少は、今年、東海大学を卒業したばかりのWTBアタアタ・モエアキオラで23歳だ。

また、31人の総キャップ数は683で、前回大会の1004を下回る。ただ、前回大会は31名中6人しかスーパーラグビー経験者はいなかったが、今回は29人がスーパーラグビー経験者であり、強豪とのテストマッチも含めて十分に高い強度の試合を経験していると言えよう。

日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)も「2019年(ワールドカップ)に向けて強化しなければならなかったことは、育成を進めることだった」。

「(そこで行ったのが)スーパーラグビーというタフな環境でサンウルブズを通じた育成を行うということ、そしてもうひとつは日本代表がすべてのティア1のチームと対戦することでした」。

「4年の時を経て、(9月6日の南アフリカ戦を含め)すべてのティア1の国と戦うことができた。スーパーラグビーは4シーズン戦うことができた。その甲斐もあり、選手たちは心身ともにワールドカップで戦うための力がついたと思います」と胸を張った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ