人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年7月25日

ワールドカップ前の超弩級マッチ。ニュージーランド×南アフリカ。ザ・ラグビーチャンピオンシップ2019

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

一方、敵地に乗り込む南アフリカ。

先週はBチームとも言える編成で、オーストラリア代表“ワラビーズ”に35-17で快勝。サポートランに長ける23歳の俊足SHハーシェル・ヤンチースは、代表デビュー戦ながら2トライを挙げた。

南アフリカは今回のニュージーランド戦メンバーが主力だろう。

世界NO1フッカーのマルコム・マークス、NO8ドゥエイン・フェルミューレン、エラスマス体制となり1番手に復帰したSOハンドレ・ポラードも先発する。

先週からは先発15人中12人(FW6人、BK6人)の大幅変更。連続のスタメンはLOエベン・エツベス、FLピーター ステフ・デュトイ、WTBマカゾレ・マピンピのみ。

なお同国初の黒人主将であるFLシヤ・コリシ、そして昨季のワールドラグビー最優秀新人賞を受賞したWTBアピウ・ディアンティは怪我で欠場となっている。

南アフリカ代表 ニュージーランド戦メンバー

【フォワード】PRスティーヴン・キッツォフ/HOマルコム・マークス/PRフランス・マルハーバ/LOエベン・エツベス/LOフランコ・モスタート/FLクワッガ・スミス/FLピーター ステフ・デュトイ/NO8ドゥエイン・フェルミューレン

【バックス】SHファフ・デクラーク/SOハンドレ・ポラード/WTBマカゾレ・マピンピ/CTBダミアン・デアリエンディ/CTBルカニョ・アム/WTBチェスリン・コルビ/FBウィリー・ルルー

【リザーブ】ボンギ・ンボナンビ/テンダイ・ムタワリラ/トレバー・ニャカネ/RGスナイマン/フランソワ・ロー/ハーシェル・ヤンチース/フランソワ・ステイン/ジェシー・クリエル

南アフリカの対ニュージーランドは、過去14戦で12勝。

しかし昨年のTRC第4節では今回と似た陣容で、このウェストパック・スタジアムで36-34で勝利している。 先週のメンバーがオーストラリアに勝利したことで、今回の先発メンバーは存在感をよりアピールしたいだろう。W杯開幕は2か月後であり、低調なプレーはダメージになりかねない。

試合内容だが、もちろんW杯を目前にして、大本番同様のアタック、ラインアウトのムーブを明かすことはないだろう。

むしろ2か月後の再戦へ向けて、どんな布石を打つのか。そんな想像しながらの観戦も楽しいだろう。

南アフリカの選手では、セール・シャークス(英プレミアシップ)で活躍しているSHデクラーク、トゥールーズ(仏TOP14)で好調のWTBコルビに注目したい。

ルール改正があったスクラムも見どころになるだろう。

スクラムはセットの前段階で、フロントローが自分の頭を相手の首、肩に接触させてはいけないことになった。

相手との距離が保たれるため、ヒットの重要度がより増していく可能性がある。果たしてどんなスクラム戦が展開されるのか。

見どころが多い世界最高峰のビッグマッチ「ニュージーランド×南アフリカ」は、7月27日(土)午後4:20からJ SPORTS 3で生中継、JSPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ