人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月13日

天理は初優勝に届かず、明治が22年ぶり大学王者。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

1月12日(土)、東京・秩父宮ラグビー場でラグビー大学選手権の決勝が行われた。

22年ぶり13度目の優勝を目指す、昨シーズンのファイナリストの明治大学と、1925年の創部以来、初優勝を狙う関西リーグ3連覇中の天理大学が激突した。

明治は関東大学ラグビー対抗戦で3位(4位扱い)だったため、立命館大学、東海大学、早稲田大学と破って決勝に進出した。

一方、天理はシードだったため大東文化大学、帝京大学を下してファイナルに駒を進めた。試合前は、少し雪が舞う曇天の中、2万人以上の観客を集めてキックオフされた試合は、最後までわからない死闘となった。

天理HO島根キャプテン

試合開始早々、「黒衣軍団」が得意の形から先制する。前半5分、優勢とみられていたスクラムでペナルティを誘い、ゴール前のモールからサインプレー。

ブラインドサイドをキャプテンHO(フッカー)島根一磨(4年)が突いて、左隅にトライを挙げて5点を先制する。

しかし、明治も負けていない。SH(スクラムハーフ)福田健太キャプテン(4年)が「明治のプライドを持って戦った。鍵はディフェンスだった」と振り返った通り、この試合、タックルや接点で動きが勝っていたのは紫紺のジャージだった。

明治は、相手の前に出るディフェンスに対してショートパスで攻略、FW(フォワード)、BK(バックス)一体となってボールを動かす。

7分、最後はFB(フルバック)山沢京平から右サイドのWTB(ウィング)山崎洋之(3年)へロングパスが通って、山崎が右隅にトライを挙げて5-5の同点に追いつく。

ランが光った明治WTB高橋

スクラムは劣勢だった明治は接点だけでなく、ラインアウトでもLO(ロック)片倉康瑛(2年)、FL(フランカー)井上遼(4年)を中心にプレッシャーをかけて相手のアタックをリズムに乗せない。

すると22分、明治はマイボールラインアウトを起点に見事な攻撃を見せる。モールを少し押し込み、SH福田とスイッチしたWTB高橋汰地がクロスでボールを受けて、そのままインゴールを陥れ、FB山沢もゴールを決めて12-5とする。

前半終了間際、天理大もボールを継続してゴール前まで攻め込み、ラインアウトのサインプレーからNO8(ナンバーエイト)ファウルマ・マキシ(4年)が抜け出す。

しかし、明治の粘り強いディフェンスの前に、インゴールにグラウンディングすることができず、そのまま明治が12-5で前半を折り返した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧