人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月10日

「白い旋風」大阪桐蔭の歴史を変えた松山千大キャプテン。全国高校ラグビー大会

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

喜ぶ大阪桐蔭フィフティーン、中心が松山キャプテン

1月7日(月)、新しくなった東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと、全国高校ラグビー大会の決勝が行われ、優勝候補のAシード同士が激突。大阪桐蔭(大阪第1)が、桐蔭学園(神奈川)を26-24で下して初優勝を飾った。

今シーズン、「白い旋風」大阪桐蔭を引っ張ったのは、「チームの要のひとり」と綾部正史監督の信頼も厚かった、13番のCTB(センター)松山千大キャプテンだった。昨年度の決勝でも先発し、悔しさを知る選手の1人だった。

試合前には「つらくなったときは俺を見ろ。キャプテンとして前に出続ける!」といって仲間を鼓舞。その言葉通り、攻守に渡って身体を張り続け、チームの花園初優勝に大きく貢献した。

胴上げされる松山キャプテン

決勝戦後は1年間、一緒に戦った仲間に胴上げされた。そして目を赤くしながら肩を組んで、スタンドに応援に来たメンバー外の選手たちと同校の生徒たちと一緒に校歌を歌った。

「自分たちのラグビーで勝てて良かった。キャプテンとして、みんながすごく誇らしかった。ラグビー人生で最高の試合になりました!」と初優勝の味を噛みしめた。

昨年度、花園で準優勝だった大阪桐蔭の今シーズン、スローガンは「越」と掲げた。昨シーズンのチーム、結果を越えるという意味が込められた。

ただ、新チームになって、最初から何もかもが上手くいくはずはなかった。

昨シーズンの花園決勝に進出したチームは3年生が中心だった。先発で出場していた2年生は、CTB松山を筆頭に、HO(フッカー)中川魁、SO(スタンドオフ)/CTB(センター)高本幹也、WTB(ウィング)/FB(フルバック)伴井亮太、そして1年生のFL(フランカー)奥井章仁と計5人のみだった。

チームとして成熟していなかったにも関わらず、松山キャプテンは「新チームになって、去年のチームと実力差はまだまだあったのに、同じことを求めてしまい、突っ走ってしまった」と当時を振り返る。

それが結果として出てしまったのが、昨年4月の選抜大会の決勝だった。桐蔭学園にボールを継続されて7トライを献上し、26-46で大敗。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧