人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年1月3日

明治、対抗戦のリベンジで早稲田を破り決勝進出。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

第55回を迎えた全国大学ラグビー選手権大会の準決勝が、1月2日に東京・秩父宮ラグビー場で2試合行われた。

明治がリベンジ達成

第1試合目は創部100周年を迎えて対抗戦で優勝した早稲田大学(関東大学対抗戦優勝・2位扱い)と、昨年度のファイナリストの明治大学(対抗戦3位タ・4位扱い)が対戦した。

両者は 12月の対抗戦の「早明戦」で早稲田が31-27で勝利していたが、大学選手権で伝統の両校が激突するのは、2010年度以来13度目のことだ(大学選手権の通算成績は明治の7勝5敗)。

準々決勝では、早稲田は慶應義塾大学(対抗戦3位)との準々決勝、ラストプレーでWTB(ウィング)佐々木尚(4年)がトライを取り切り、20-19で逆転勝利。

明治も準々決勝、残り30秒に、FB(フルバック)山沢京平(2年)が、PG(ペナルティゴール)を決めて東海大学(リーグ戦優勝)に18-15で競り勝って、準決勝に駒を進めた。

冷静にPGを決める早稲田SH齋藤

早稲田の先発は、FWはPR(プロップ)鶴川達彦(4年)、小林賢太(1年)、LO(ロック)下川甲嗣(2年)、FL(フランカー)幸重天(3年)、NO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(2年、早稲田実業)と、運動量豊富な仕事人が揃った。

BK(バックス)には、SH(スクラムハーフ)齋藤直人、ゲームリーダーも務めるSO(スタンドオフ)岸岡智樹の、1年からコンビを組んできた3年生ハーフ団がゲームコントロール。

CTB(センター)中野将伍、桑山淳生(ともに3年)、さらに1年生のWTB(ウィング)長田智希と、FB(フルバック)河瀬諒介がおり、攻撃力は高い選手が並んだ。

突破を試みる明治SH福田

一方、22年ぶりの優勝を目指す明治は、対抗戦では4位通過となったが、しっかりと帝京に3勝している力を見せて準決勝に進出。

FWではスクラムの強いPR祝原涼介(4年)や、安昌豪(3年)、 HO(フッカー)武井日向(3年)の第1列、LO箸本龍雅(2年)、FL井上遼(4年)、NO8坂和樹(3年)とボールキャリアに長けている選手が名を連ねた。

BKではキャプテンSH福田健太、SO忽那鐘太(ともに4年)がゲームコントロール。

準々決勝から戻ってきたFB山沢京平(2年)、WTB高橋汰地(4年、常翔学園)、山崎洋之(3年、筑紫)ら、バックスリーには決定力の高い選手が揃った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧