人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月25日

桐蔭学園、初の単独優勝を目指す東の横綱。全国高校ラグビー大会のみどころ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

12月27日(木)から、大阪・東大阪市花園ラグビー場で始まる「花園」こと、第98回全国高校ラグビーフットボール大会。

優勝候補の一角を占めるのは、Aシードの桐蔭学園(神奈川)だろう。前回大会は準決勝で惜しくも大阪桐蔭(大阪)に敗れたが、今春の選抜大会ではその大阪桐蔭にリベンジし、2連覇を達成している。

昨年度のチームは桐蔭学園にしては珍しく、大きなフロントローがウリのチームだった。

大東文化一(東京)で花園の優勝を経験、日本体育大学を経て、2002年から監督となって15年目を迎えている藤原秀之監督。

15年目の藤原秀之監督

「(昨年度)FW(フォワード)に頼ってしまった部分を反省点として練習してきました。15人でボールを動かすということを前提にやってきました」と語る。

「サイズが大きくないため、ボール扱う球技を全面に出すラグビーをしていきたい」(藤原監督)と、新チームになってからは1月、2月はキャッチ、パスといった基本練習に時間を割いたという。

その成果はすぐに春の選抜大会に結果として出た。FWとBK(バックス)一体となってボールを大きく展開するラグビーを見せて、決勝で大阪桐蔭を29-14で破った。

藤原監督は初戦(2回戦)に関しても「本郷(東京第2)はOBががんばっていますが、2年生チームだから少々厳しいかな。花園の尾道(広島)も侮れない」と決して先をみることはない。

また、同じAシードのライバル・大阪桐蔭に関しての印象を聞くと「対戦するかはわからないですが、間違いなく頭1つ2つ抜けているチームだということもコーチ陣も選手たちも十分理解しています」。

「どこのチームが来ても1戦1戦、勝ちを拾えるような試合をしていきたい」と意気込む。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ