人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年12月13日

慶應義塾、19年ぶりの日本一を目指す戦いがスタート。ラグビー大学選手権

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

今季目立っているのは、FW陣の活躍だ。昨年の主力から大きく顔ぶれが変わった。

だが、副将のLO(ロック)辻雄康(文4・慶應)を中心に、チームトップのトライを挙げているFL(フランカー)川合秀和(総3・國學院久我山)、明大戦で逆転トライを決めたNO8山中といった選手が、コンスタントに結果を残している。

また、LO相部開哉(経2・慶應)、FL山本凱(経1・慶應)といった若い戦力のフィジカルの強さも光るなど、昨年に劣らぬFW陣が形成されている。

若い力で慶大を盛り上げる

一方のBK陣では、WTB(ウィング)丹治辰碩(政4・慶應)の復調が日本一へのカギを握ると言える。

明大戦、早大戦ではスターターから外れていたものの、青学大戦ではスターターに復帰。しかし、未だ本領発揮とは言い難いプレーが続いており、彼の爆発的なプレーが慶大を推進力となることを期待したいところだ。

司令塔であるSO(スタンドオフ)古田京主将(医4・慶應)は、今季コンバージョンの成功率が驚異の95%を誇る。

僅差の試合では、古田のキックが明暗を分ける可能性も十分あるだろう。もちろん、ゲームメイクという点でも持ち前の的確な判断は健在。試合をコントロールし、慶大の流れを呼び込みたいところだ。

チームを指揮する金沢篤HC(ヘッドコーチ)も、今年は就任4年目のシーズン。今年の選手はみな、金沢HCのもとで日本一を目指してきた。

ある時、WTB宮本瑛介(経4・慶應)が金沢HCについてこんなことを話していた。「本当にクールな方です。ですけど、この4年間でまだ取り乱すほど喜んでいるところを見たことがない。いつかは僕たちが勝って、HCが取り乱すくらい喜ばせたいなとも思います」。

ともに歩んできたからこそ、勝利の喜びを届けたい。この3年間で果たせなかった日本一という悲願。固い絆で結ばれた今年のチームの集大成にも期待したい。

大学選手権の初戦は、関西大学リーグ3位の京都産業大学との対戦だ。まずは内容も伴った勝利を収め、次のステージへと駒を進めたいところ。

その先に待つ早稲田大に対抗戦のリベンジを果たすためにも、勢いをつけていきたい。いよいよ始まる日本一への戦い。本当の勝負はここからだ。

文:重川航太朗/写真:重川航太朗、竹内大志、田中壱規(慶應スポーツ新聞会)

◆ラグビー大学選手権3回戦
・12月16日(日)午前11:55 慶應義塾大学 vs. 京都産業大学
※J SPORTS 1で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信

慶應スポーツ新聞会

慶應スポーツ新聞会

慶應義塾大学文化団体連盟所属の公認サークル。通称ケイスポ。全40ある体育会の取材から記事の執筆、年7回の新聞製作まで全て学生の手で行う塾内唯一のスポーツ新聞サークル。部員数約50名、35年の歴史を持つ。»慶應スポーツWebサイト

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ