人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月8日

開幕戦、創部100周年の早稲田、いきなり筑波との大一番。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

岸岡のキックがカギを握る

一方、後半はSO(スタンドオフ)岸岡智樹(教3=大阪・東海大仰星)のキックを中心にエリアマネージメントで優勢に立った結果、得点を重ねられたことも事実。

春シーズンからアタックの際はエリアマネージメントの部分を重要視しており、いかに敵陣でプレーする時間を長くできるかも勝負のカギを握ることになりそうだ。

春の筑波大戦後に相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)も、「今後の(試合で)1、2点を分ける展開となったときにミスが勝敗を分けると思います」と語っている通り、接戦が予想されるこの試合では、まさに一つのミスが勝敗を分けかねない。

ここまで早大はミスやペナルティーの多さが課題として挙がっているだけに、精度の高いプレーを80分間継続させたいところだ。波に乗って今後のシーズンを戦うために。まずは初戦、落とすことは許されない。

ラグビー関東大学対抗戦の開幕戦、早稲田大学vs.筑波大学の試合は、9月9日(日)午後2:50から、J SPORTS 4で生中継、J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

文:新開滉倫、写真:千葉洋介、萩原大勝(早稲田スポーツ)

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ