人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年9月7日

早稲田大学戦力分析:大きく成長した夏、創部100周年の優勝を目指す

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

◆FW3列目は激しいレギュラー争い

FL幸重天

一方、FW(フォワード)も昨年からAチームに定着した選手が多く残った。その中でも、注目はバックローのポジション争いだ。

ジュニア・ジャパンも経験したFL(フランカー)幸重天(文構3=大分舞鶴)、運動量が武器であるFL柴田徹(社3=神奈川・桐蔭学園)が、ペネトレーターとしてスローガンの『Moving』を体現しているが、Bチームには佐藤真吾主将(スポ4=東京・本郷)や、西田強平副将(スポ4=神奈川・桐蔭学園)らも控えている。

「Bチームにずっといるわけにもいかない」(佐藤真)と、最後の対抗戦へ向け状態を上げてくると思われるだけに、激しいポジション争いにより、さらにチーム力も高まってくるだろう。

ディフェンスの部分では前に出る圧力も増し、リロードも早くなったためギャップができにくくなり、大きな成長を見せた早大。

その一方で、セットプレーでは相手に大きな圧力を受けターンオーバーされる場面も散見されたり、ペナルティ数の多さなど、規律の部分ではまだまだ課題もあることも事実。

ミスやペナルティについては春シーズンから課題として挙がっているだけに、早急に改善が求められるだろう。さぁ、準備は整った。勝負の対抗戦がいよいよ始まる。

早稲田スポーツ新聞会

早稲田スポーツ新聞会

1959(昭和34)年創刊。人気の野球、ラグビーを中心に早大体育会44部をくまなく取材し、年12回の新聞発行およびWebやSNSによる情報発信を行う。現在部員170名で活動。»早スポHP»Twitter»Facebook

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ