人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年6月8日

【ラグビー日本代表コラム】「自分の役割を遂行する」6月の3連戦に腕を撫す、日本代表の若き司令塔SH流大

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2019年のラグビーワールドカップ(W杯)まで500日を切りいよいよ本番の足音が聞こえてくる中、「ブレイブブロッサムズ」ことラグビー日本代表はイタリア代表と2試合、そしてジョージア代表と1試合のテストマッチに挑む。

流 大

その3連戦に腕を撫しているのは、トップリーグ王者サントリーサンゴリアス、そして今年はヒト・コミュニケーションズ サンウルブズでもキャプテンを務めている25歳のSH(スクラムハーフ)流大(ながれ・ゆたか)だ。

――流選手は今年、サンウルブズのキャプテンの一人としてスーパーラグビーデビューを果たしました。現在の日本代表は33名中30名がサンウルブズの選手で構成されています。サンウルブズの経験がチーム、そして個人にどう活きているのでしょうか?

ジェイミー(ジェイミー・ジョセフHC)以外にも、ブラウニー(トニー・ブラウンアシスタントコーチ)、(スクラムコーチの長谷川)慎さんもサンウルブズと日本代表を兼任しているので、基本的な部分の戦術は同じでそこまで変わりはないです。それに多くの試合を高い強度の中ででき、チームメイトとも長い期間一緒にいて戦術を理解し、互いがどういうプレーをしているのか、して欲しいのかがわかってきているので兼任がプラスになっている。一貫性はありますし選手もやりやすいです。
個人としても、サンウルブズは接戦が何度もありましたし、ニュージーランド勢との対戦では途中まではうまくいっていたことあり、プレッシャーがかかった中での判断がすごく勉強になりました。どれだけプレッシャーをかけられてもいい判断をすることが6月のテストマッチシリーズで大事になってくると思っています。

――今年はスーパーラグビー期間中でも、流選手を含めて日本代表の主力選手は休みをもらい、5月27日からの1週間を宮崎で合宿として過ごしテストマッチに向けて準備してきました。

休んだことでメンタル的にもリフレッシュできました。さらに宮崎合宿でハードなトレーニングをこなせたのでチームにまた一体感が出てきています。昨年の11月にチームカルチャーが出来上がってきて、宮崎ではそれを呼び起こすことができました。サンウルブズに参加していた選手も合流したので、「ワンチーム」として、まとまりを持ってやっていきたいと思います。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ