人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ピックアップ コラム 2019年8月11日

IFSC クライミング世界選手権 2019 の見どころ紹介

クライミングコラム by 植田 幹也
  • Line
IFSC クライミング世界選手権
■ボルダリング
世界選手権最初の種目はボルダリング。ボルダリングはロープを付けず、高さ4~5m程度のコース(課題)を登る種目です。手数が4~8手と短いため、1手1手に難しさが凝縮され、派手な動きやバランシーな動きがあるので、観戦する側も選手の1つ1つの登り方を楽しめます。

予選では5課題、準決勝・決勝は4課題にトライし、時間内に「いくつコースが登れたか」(完登数)で成績が決まります。課題の途中に「ゾーン」と呼ばれる中間地点があり、完登数が同じ場合は「いくつゾーンまで到達したか」(ゾーン数)も考慮されます。ゾーン数も同じなら、完登やゾーンをより少ないトライ数で獲得した選手が上位になります。

J SPORTS 番組情報

ボルダリングは日本人が得意とする種目であり男女ともに表彰台への期待がかかりますが、世界には強力なライバルがいます。

クライミング コラム
女子はスロベニアのヤンヤ・ガンブレット選手が今シーズンのボルダリングW杯で6戦全戦優勝という前代未聞の快挙を成し遂げた最大の優勝候補。昨年の世界選手権の覇者でもあります。ガンブレット選手は天性の運動神経が強みであり、ダイナミックな課題を大の得意としています。ここに日本の2大エースである野口啓代選手と野中生萌選手がどう対抗するかが最大のみどころ。

J SPORTS 番組情報

クライミング コラム
男子は今シーズンのW杯年間ランキング首位の楢﨑智亜選手、3位の緒方良行選手、昨年の世界選手権の優勝者である原田海選手など金メダルを狙える選手を数多く擁しています。特に楢﨑選手は躍動感溢れる登りが持ち味で、試合の展開を一気に引き寄せる爆発力があり彼の登りは必見。海外勢でライバルとなるのはチェコのアダム・オンドラ選手と韓国のチョン・ジョンウォン選手です。オンドラ選手は世界最強クライマーとも呼ばれオールラウンドにあらゆるタイプのクライミングに対応します。チョン選手は指の力がずば抜けて強く、W杯の年間優勝も2度している経験豊富な選手です。 世界選手権の幕開けとなるボルダリング種目。いきなり激しい争いが見られそうで目が離せません。

■リード
世界選手権の2種目目はリード。命綱となるロープを付けて、12m以上にもなる高い壁を登っていきます。総手数は最大で60手にもなるため、選手には苦しい状況になっても少しでも上に登るための持久力が求められます。
  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ピックアップを応援しよう!

ピックアップの放送・配信ページへ