人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2022年7月27日

【スーパーバイク世界選手権 第6戦モスト:プレビュー】鈴鹿8耐を前に苦戦のレイは復調なるか?

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
前回大会 決勝レース2 表彰台

前回大会 決勝レース2 表彰台

市販スポーツバイクの最高峰「FIMスーパーバイク世界選手権」の2022年シーズンが第6戦を迎えます。7月29日(金)〜31日(日)にチェコのモストで開催される第6戦。このレースは今シーズンの流れを決定づける非常に重要な1戦になりそうです。そのプレビューをお届けしましょう。

前戦・ドニントンパークでは地元ファンの大きな期待を受けたジョナサン・レイ(カワサキ)が思わぬ苦戦を強いられました。予選アタックではライバルが手をつけられない速さを見せたにも関わらず、決勝ではトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)の速さについて行くことができませんでした。

ドニントンパークでは今季それまでスーパーポールレースの優勝しかなかったトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)がなんと復活の狼煙をあげる3連勝。1週末3レースのシステムになって以来3連勝を飾ったライダーとしてはアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)、ジョナサン・レイ(カワサキ)に次いで3人目。今シーズンに限って言えば、3連勝はトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)が初めてです。「3連勝は僕の目標であり夢だった」と語ったラズガットリオグルは優勝後に毎回、見事なストッピー(フロントブレーキを使い後輪を高く浮かせるパフォーマンス)を披露し、喜びを爆発させていました。

昨年の王者トプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)はこの3連勝で首位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)から43点差に迫り、ランキング3位は変わらないものの、今回のレースでも好調がキープできればチャンピオン争いの主役に躍り出る可能性が出てきました。見事なブレーキング能力、そして積極果敢な競り合いでの強さ、そして彼が例年、後半戦で勢いづいてくることを考えると、今回のドニントンでの好走はその大きなキッカケになるのではないでしょうか。

一方、ランキング首位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)はドニントンパークのレース1で転倒。ドゥカティ勢はこのコースと相性が良くないと言われることが多いのですが、今回も苦戦する中で無理をして転倒し、今季初のノーポイントレースを作ってしまいました。ただ、手を怪我しながらもスーパーポールレース、レース2では積極的なレースを展開し、レース2では2位表彰台を獲得。ドニントンでドゥカティのライダーが久しぶりに表彰台に立ちました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ