人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年11月13日

世界耐久選手権(WEC) 第8戦「バーレーン8時間」プレビュー 7号車か8号車か!?

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line
バーレーン・インターナショナル・サーキットで昨年12月に開催された第4戦ではレース中に花火が打ちあがった。

バーレーン・インターナショナル・サーキットで昨年12月に開催された第4戦ではレース中に花火が打ちあがった。

プロトタイプカーとGTマシン、4クラスの混走による世界耐久選手権(WEC)の2019-2020シーズン第8戦(最終戦)となる「バーレーン8時間」は、11月13~14日に行われる。

その13日の予選の模様はJ SPORTSオンデマンドでLIVE配信、また14日の決勝レースの模様はJ SPORTSJ SPORTSオンデマンドでも生中継する。

J SPORTS 放送情報

2018-19年、2019-20年と年をまたいで変則的なシリーズカレンダーとなったFIA世界耐久選手権(WEC)。今シーズンは新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で、今春以降のカレンダーが大幅に変更となった。そしてついに今回が今シーズンの最終戦で、開催地は昨年12月の第4戦と同じ、中東のバーレーン、サヒールにあるバーレーン・インターナショナル・サーキット。砂漠の中の一周5.411kmの高速コースは、レイアウトは「凹」型をしており、細かい砂がコース上に出やすくドライバーは神経を使う。

砂漠の中にあるバーレーン・インターナショナル・サーキット。特異な光景がコースサイドに広がっている。

砂漠の中にあるバーレーン・インターナショナル・サーキット。特異な光景がコースサイドに広がっている。

昨年12月の第4戦ではトヨタGRの7号車(ホセ・マリア・ロペス/小林可夢偉/マイク・コンウェイ)が優勝しており、その前の大会(2017年6時間レース)でもトヨタが優勝。さらには2013年と2014年大会もトヨタが制しており、コースを良く知り尽くしていると言って良い。LM P1クラスのエントリーはトヨタの2台だけで、この2台がドライバーのタイトル争いをしている。つまり7号車と、7号車と7点差のポイントリーダーである8号車(ブレンドン・ハートレー/中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ)の一騎打ちとなる。サクセスハンディキャップは7号車に有利となっているため、7号車の逆転タイトル獲得の可能性も十分にある。

昨年12月に同地で開催された第4戦は7号車が制した。ル・マンで悔しい思いをした7号車は逆転タイトルに向け必勝を期すだろう。

昨年12月に同地で開催された第4戦は7号車が制した。ル・マンで悔しい思いをした7号車は逆転タイトルに向け必勝を期すだろう。

また2016年からWECの4シーズンを戦って来たTS050 HYBRIDは、来季のトップクラスがハイパーカー規定車両となるため、今回が引退レースとなる。ぜひTS050 HYBRIDのフィナーレを見届けたいものだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ