人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年9月4日

【スーパースポーツ世界選手権 第5戦アラゴン:プレビュー】7連勝のロカテッリはもう止められない

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

第4戦アラゴンのレース1ではフィリップ・エッテル(カワサキ)が3位表彰台を獲得。彼もまた昨年までMoto2を戦っていた元グランプリライダーです。実は彼の父ピーター・エッテルも軽量級を得意とした元グランプリライダーで、フィリップと共に親子揃ってグランプリ優勝を成し遂げた一家なのです。

エッテルは今季2回目の3位表彰台ということで、今後注目が集まることまちがいなしです。また、レース2での3位はMVアグスタF3 675に乗るラファエル・デローサ(MVアグスタ)。ポルトガル・ポルティマオに続き、こちらも今季2度目の3位表彰台を獲得です。

ロカテッリとクルーゼルがチャンピオン争いを展開する中、それに加えてルーカス・マヒアス(カワサキ)、フィリップ・エッテル(カワサキ)、コレンティン・ペロラーリ(ヤマハ)、ラファエル・デローサ(MVアグスタ)といったライダーたちのランキング3位争いがシーズン後半は白熱しそうです。

さて、昨年は表彰台をかけた争いにも加わった大久保光(ホンダ)は第4戦・アラゴンから復帰し、レース2で今季初のポイントを獲得しました。昨年乗っていたカワサキのチームとは違う環境なので、表彰台を狙うのはかなり厳しい状況ではありますが、ここは2週連続で同じサーキットでのレースですから、15位フィニッシュに続いてトップ10を目指して第5戦も頑張ってもらいたいと思います。

シーズンの流れがかなり固まってしまっている「スーパースポーツ世界選手権」ですが、折り返しとなる第5戦は波乱含みの展開となっていくでしょうか。

文:辻野ヒロシ

辻野 ヒロシ

辻野 ヒロシ

1976年 鈴鹿市出身。アメリカ留学後、ラジオDJとして2002年より京都、大阪、名古屋などで活動。並行して2004年から鈴鹿サーキットで場内実況のレースアナウンサーに。
以後、テレビ中継のアナウンサーやリポーターとしても活動し、現在は鈴鹿サーキットの7割以上のレースイベントで実況、MCを行う。ジャーナリストとしてもWEB媒体を中心に執筆。海外のF1グランプリやマカオF3など海外取材も行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ