人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月30日

カードの色がイエローからレッドに変わるかもしれない

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ケガのために多くの主力を失ったブライトン。三笘のコンディションもベストにはほど遠い

ケガのために多くの主力を失ったブライトン。三笘のコンディションもベストにはほど遠い

12月の過密日程がやって来た。プレミアリーグの恒例行事である。

ヨーロッパのコンペティションに出場するクラブは8試合、クラブワールドカップにも参戦するマンチェスター・シティは9試合、そのほかは7試合。負傷者とともに、累積警告による出場停止も避けなくてはならない。レフェリーに対するクレームにも細心の注意が必要だ。

現時点でイエローカード四枚、いわゆる “リーチ” はマンチェスター・ユナイテッドのブルーノ・フェルナンデス(正しくはフェルナンヂと発音するらしい)、マンチェスター・シティのロドリ、エヴァートンのアブドゥライ・ドゥクレ、さらにチェルシーのラヒム・スターリング、ニューカッスルのキーラン・トリッピアなど計27名だ。

アストンヴィラはドゥーグラス・ルイスとマット・キャッシュ、ルカ・ディーニュの3選手が週末のボーンマス戦で警告されると、6日開催予定のシティ戦は大きな戦力ダウンを免れない。

また、過密日程で体力が損なわれた場合は動きが鈍り、届いていたはずのタックルでもボールを奪えない。相手の足を引っかけていた。VARの結果、カードの色がイエローからレッドに変わる。

13節終了時点で、リヴァプールのフィルジル・ファンダイク、アレクシス・マカリスター、トッテナムのディステニー・ウドジェ、アーセナルの冨安健洋など、実に27名が退場処分になっているが、疲労が蓄積する12月はより冷静な対応が望まれる。

もっとも、近年のプレミアリーグからは “荒くれ者” が消えた。その昔は喧嘩上等も少なくなく、闘う前から血生臭い雰囲気すら感じられた。

レッドカード七枚で歴代ランキング4位タイに入るヴィニー・ジョーンズ(元ウィンブルドン他)、ロイ・キーン(元ユナイテッド他)、リー・カタモール(元ミドルズブラ他)などは、VARが導入された現代であれば長期の出場停止処分を科されるだろう。とにかく荒かった。

シティやニューカッスルなどに在籍し、同じく4位タイのジョーイ・バートンは両足ストンピング、鋭角エルボー、背後からのタックルなど、悪意に満ちたプレーでヒンシュクを買っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ