人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月28日

クリスマスもボクシングデイも旨い酒は飲めそうにない

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
13節終了時点で1勝2分10敗。8節から6連敗中。バーンリーは復調の兆しすらなく……

13節終了時点で1勝2分10敗。8節から6連敗中。バーンリーは復調の兆しすらなく……

プレミアリーグは今シーズンもドラマティックだ。

マンチェスター・ユナイテッドがほんの少しずつ上向き、開幕10試合8勝2分だったトッテナムはケガ人続出で3連敗。三笘薫を擁するブライトンはヨーロッパリーグとの二足の草鞋を履けていない。

また、エヴァートンがFFP(ファイナンシャル・フェアプレー)に抵触し、10ポイントをはく奪された。同様の違反を115件も犯したとされるマンチェスター・シティは、最低でも-30ポイントのペナルティーが科されるとか……。

ちなみに、昨シーズンのシティが30ポイント減になると勝点59。ヨーロッパリーグ出場権獲得まであと一歩の8位になる。やはり彼らは強い。

もちろん、プレミアリーグが訴えた115件にわたるFFP違反が間違いないのなら、シティには厳罰が科されてしかるべきだ。しかし、罪を犯した上層部が罰せられるべきで、現場とサポーターが迷惑を被るのはいかがなものか。

この問題は落しどころが非常に難しい。2024年から始まる聴聞会も長期化するだろう。

さて、監督解任のタイミングも難題だ。早すぎたり、遅きに失したり、毎シーズンのようにドラマが起きる。史上最多の13人が更迭された昨シーズンは、チャンピオンシップに降格したレスター、リーズ、サウサンプトンは、指揮官交代も奏功しなかった。

一方、エヴァートンはフランク・ランパードをショーン・ダイシに代えて、ウォルヴァーハンプトンは22節からジュレン・ロペテギを起用し、プレミアリーグに残留した。

11月27日時点で、まだだれもクビを通告されていない。シェフィールド・ユナイテッドのポール・ヘッキングボトム、ルートンのロブ・エドワーズは風前の灯火といわれながら続投している。適当な後任が見当たらないのか、違約金が惜しいのか。

では、11月23日の『sky sports’』に掲載された興味深いデータを紹介しよう。
No Premier League managers sacked? Erik ten Hag, Andoni Iraola and others benefited from sacking freeze? | Football News | Sky Sports

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ