人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月17日

「後半戦2位」と「後半戦1位」の絶好調対決! 柏レイソルU-18×尚志高校マッチプレビュー【高円宮杯プレミアリーグEAST第20節】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

柏レイソルU-18の右サイドバックを務める大木海世

柏レイソルU-18が好調だ。後半戦に入ってからの8試合は6勝1分け1敗で、勝ち点19を獲得。このポイントはプレミアリーグEAST全チームの中でも2位の数字であり、とりわけ第14節では4連勝中だった首位・青森山田高校のアウェイに乗り込み、5-3で打ち勝つという衝撃的な試合を繰り広げている。

以降も第17節でFC東京U-18を4‐1で退けると、第18節は大宮アルディージャU18を3-0で下し、第19節でも流通経済大柏高校との“柏ダービー”に4-0で快勝を収めており、目下3連勝中。後半戦の8試合で26得点を叩き出すなど、今のプレミアの中で一番攻撃力が充実しているチームだと言っても過言ではないだろう。

ただ、その柏U-18を上回る勢いで優勝争いを演じているのが、昇格組の尚志高校。後半戦は7勝1分けと無敗を継続中で、記録した22ポイントはEASTでもダントツでトップ。リーグ5連勝で迎えた第15節の市立船橋高校戦こそ引き分けたものの、第16節で前橋育英を、第17節で昌平高校戦を撃破して、再び連勝を飾る。

第19節は8月に前倒しで行われていたため、実質の前節に当たる第18節では青森山田とホームで激突。この試合ではスピードスターの安齋悠人が1ゴール1アシストの活躍を見せ、首位攻防戦に2-0と勝利。現在はその青森山田と1ポイント差の2位に付けており、チームを率いる仲村浩二監督も「(第12節の)FC東京に勝ったあたりから、『頂点を狙いに行こう』と言いました」と明言。昇格即優勝もいよいよ現実味を帯びてきた。

圧倒的な攻撃力を披露し続けている柏U-18では、2人のサイドバックに焦点を当ててみたい。まず、右サイドバックを務めているのは大木海世。背負った11番という数字が示すように、もともとはフォワードを主戦場に置くアタッカーだが、第8節の大宮アルディージャU18戦でいきなり3バックの右CBで起用されると、以降も最終ラインに定着。第12節からは4バックに移行したチームの中で、右サイドバックに指名され、新境地を開拓している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ