人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年11月2日

FIFA U-17 ワールドカップ インドネシア 2023 U-17日本代表 柴田翔太郎選手(川崎フロンターレU-18)インタビュー

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

11月10日に開幕を迎えるFIFA U-17 ワールドカップ インドネシア 2023。堂々とアジアを制して世界と戦うための切符を手繰り寄せたU-17日本代表は、全員が人生で初めての世界大会となるワールドカップを控えて「世界で7試合戦う」、すなわちベスト4以上という目標に向けて、士気を高めている。そんなチームで4つのポジションをマルチにこなす柴田翔太郎が、大会へ向けての意気込みを語る。

――U-17ワールドカップに臨む日本代表のメンバーに選ばれた率直な感想から教えていただけますか?
「まずはメンバー入りを知った時はホッとしましたし、ケガもありながらワールドカップの前までの期間を過ごしていたので、少し不安もありましたけど、まず1つホッとしたのが率直な感想です」

――プレミアでも後半戦に入ってスタメンを取り切れない時間があったと思うんですけど、そういう意味でも代表入りへの不安はありましたか?
「そうですね。(U-17日本代表の)フランス遠征から帰ってきて、手応えもありながら、『ワールドカップに向けて準備するだけだ』と思っていたんですけど、ケガもあって、帰ってきてからなかなかプレータイムが伸びなかったので、本当にギリギリまで心臓バクバクというか(笑)、本当にドキドキしていたんですけど、ホッとしています」

――まずアジア予選をしっかり勝ち抜けたことに対してはどういう想いがありましたか?
「本当にアジアの戦いは、もしかしたらワールドカップよりもある意味で厳しい戦いで、その中でファイナルに行って優勝できて、一戦一戦成長できた中でも自信を持って日本に帰ってこられたので、アジアカップの経験は本当に大きかったと思っています」

――大会を優勝して、アジアを制覇できたことに関してはどう感じていますか?
「まず1つ目の目標としてワールドカップの切符を獲ることはあったんですけど、僕は『優勝してワールドカップに行くことに意味がある』と思っていて、(森山佳郎)監督からも切符を獲ったあとに『ここからがスタートだぞ』と言われましたし、優勝を成し遂げられたのは良かったなと思います」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ