人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2023年7月28日

サッカーインターハイ2023 最注目プレーヤーはこの6人!

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

前橋育英高校・雨野颯真

全国高等学校総合体育大会、通称“インターハイ”のサッカー競技が、北海道の旭川市で7月29日に開幕する。各都道府県の予選を勝ち抜き、全国から集うのは52校。真夏の日本一を懸けて高校生たちがしのぎを削るこのインターハイから、J SPORTSでは準決勝と決勝を放送、配信することが決まっているが、今回は大会の顔となり得る注目選手たちをご紹介していこう。

前回大会王者・前橋育英高校の不動のゴールキーパーが、U-17日本代表候補でもある雨野颯真だ。徳島で開催された昨年度の大会も、レギュラーとして日本一を味わうなど、経験値は十分。今シーズンはキャプテンも任されており、「チームの流れを感じて発信する能力は必要だと思っていて、悪いところは自分がチームメイトにビシッと言わないといけないと思っています」とリーダーの自覚もしっかりと持ち合わせている。新チームの立ち上げ当初はほとんど主力が入れ替わったため、なかなか結果が付いてこなかったが、プレミアリーグの日常を積み重ねたことで、グループとしての成長も著しい。インターハイに向けても「一戦一戦どんな相手が来ようと簡単な試合はないと思うので、去年の経験を生かして、後ろからのコーチングやチームを締める役割をもっと徹底して、チーム全体で一層強くなって、全国に向かいたいと思います」ときっぱり。連覇をその視野に捉える守護神の躍動から目が離せない。

大津高校・碇明日麻

ミッドフィルダー登録ながら、プレミアリーグWESTで得点ランキングのトップに立っている、大津高校の10番を背負う碇明日麻も、今大会の主役候補であることに異論はないだろう。187センチのサイズを生かしたヘディングはもちろん、足元の上手さも兼備。「自分がゴールを決めてチームを勝たせたいですし、やっぱり点を決めることが一番楽しいですね」との言葉通り、ここまでのリーグ戦では既に2度のハットトリックを記録しており、10試合の出場で13得点は驚異的な数字。先日には水戸ホーリーホックへの加入内定も発表されたことで、一層注目が集まっている。将来の自分を「日本を代表するような、日本中から応援されるような選手になりたいですし、自分が日本中に夢や希望を与えられるような、目標とされるような存在になりたいと思います」と逞しく展望する、スケール感抜群のアタッカーにさらなるブレイクの予感が漂う。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ