人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年7月5日

移籍市場本格開幕

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
レアル・マドリー

レアル・マドリー

6月30日をもって21−22シーズンが正式に終了した。コンペティション上は一足先に閉幕していたが、これでマネージメント上も幕を下ろしたことになる。

6月末日で契約が切れ自由契約となった有力選手は、リーガエスパニョーラでは、デンベレ(元バルセロナ)、ヤヌザイ(元ソシエダ)、ルイス・スアレス(元アトレティコ・マドリー)、イスコ(元レアル・マドリー)ら、他国に目を向ければ、フランク・ケシア(元ミラン)、ディバラ(元ユベントス)、ポグバ(元マンチェスター・ユナイテッド)、クリステンセン(元チェルシー)らがいる。移籍先が内定済みの選手もいるようだが、コロナ禍の影響で冷え込みが予想される移籍市場で、彼らは主役になるだろう。

さて、本格的に開いた移籍市場で、今年もリーガ勢はプレミア勢の買い物を指をくわえて見ている、という夏になりそう
だ。

コンペティション上はリーガはプレミアと欧州の頂点を争っている、という自負がある。昨季のCLベスト4は2チームずつプレミアと分け合い、優勝はレアル・マドリーだった。しかし、移籍市場ではプレミア勢にはまったく歯が立たない。
もともとの経済力が違う。

例えば、20−21シーズンの売上高のランキングでは、ベスト20にリーガ勢は3クラブ、プレミア勢は10クラブ(『フットボール・マネー・リーグ2022』より)。クラブの市場価値ランキングではベスト20にリーガ勢は3クラブ、プレミア勢は8クラブ(『トランスファー・マルクト』より)。

加えて、今夏の特殊事情がある。

リーガ勢の「3クラブ」というのは言うまでもなく、レアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーなのだが、レアル・マドリーは新スタジアムの建設費がかさんで、バルセロナはご存じの通りの史上最悪の財政危機で、アトレティコ・マドリーは近年の大盤振る舞いのツケで、補強費が絞り込まれる見込みである。

昨夏、プレミア勢は選手獲得にリーガ勢の5倍近い費用を投じた。今夏も出足ですでに同程度の差が付いており、差は開くことはあっても縮むことはないとみる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ