人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月13日

アピールしきれなかったガーナ戦先発組。「トライする姿勢」を見せた山根だったが、痛恨のミス

後藤健生コラム by 後藤 健生
  • Line
山根視来のゴールで日本が先制

山根視来のゴールで日本が先制

中3日の4連戦の3戦目……。ワールドカップでいえば、グループリーグ最終戦に当たる試合だった。

「ワールドカップのシミュレーション」とはいえ、ヨーロッパがオフシーズンに当たる6月は選手たちのコンディションが万全ではないので、選手たちに連戦を強いるわけにもいかない。そこで、森保一監督は6月シリーズの1戦目(パラグアイ戦)と2戦目(ブラジル戦)で大きくメンバーを変えた(2戦連続先発は吉田麻也、遠藤航、原口元気のみ)。そして、3試合目のガーナ戦では再び大きくメンバーを変えた。吉田と遠藤は3試合連続先発となったが、今シリーズ初登場の上田綺世やパラグアイ戦で20分ほどのプレーしただけだった久保建英を先発で起用した。

吉田麻也

吉田麻也

まずはっきりしたのは、吉田と遠藤はどんな試合であれ、(コンディションさえ十分ならば)先発をはずれることがない絶対の存在であること、だ。

そのことは、世界最強のブラジル攻撃陣相手のパフォーマンスを見れば当然のことだ。吉田は余裕を持って(ブラジルの攻撃を読み切って)守れていたし、遠藤も中盤でブラジルの攻撃を遅らせ、また奪えるところではボールを奪って見せた。ブラジルのボランチ、カゼミロと互角の勝負だったと言ってもよかった(PKを与えたプレーも反則かどうか、かなり微妙だった)。

遠藤航

遠藤航

そういう状況を考えれば、ガーナ戦で先発した選手たちにとっては、吉田と遠藤を除いて全員がワールドカップ・メンバーとして生き残れるかどうか、あるいは先発の座をつかめるかどうかの当落選上の選手が多かったのだ。

たとえば、ロシア・ワールドカップでは攻撃の中心として活躍した柴崎岳。アジア最終予選でも当初は森保監督の厚い信頼を得ていたが、サウジアラビア戦での失点につながるミスがあってからは、主力の座を奪われてしまった。柴崎にとって、ガーナ戦はメンバーに生き残り、レギュラーの座を取り戻すための重要な試合だった。

そのテクニックと将来性については誰もが認める久保は、代表ではフィットしない試合が続き、先発出場の機会もあまり与えられない。メンバー入りを確実にして出場機会を増やすためには、この試合で大きくアピールする必要があった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ