人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月17日

ジュビロ磐田U-18の正当な競争。中村駿太、舩橋京汰、後藤啓介の起用法に見る指揮官の信念 【高円宮杯プレミアリーグWEST ジュビロ磐田U-18×ヴィッセル神戸U-18マッチレビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

中村駿太

まずはメンバー表を見て、驚いた。ジュビロ磐田U-18は今シーズン初黒星を喫した前節のセレッソ大阪U-18戦から、スタメンを5人も入れ替えてきた。とりわけ意外だったのはボランチとフォワードの人選。前者ではここまで全試合に起用されてきた野口来夢に代えて、中村駿太が今季初スタメン。後者ではここまでベンチにすら入っていなかった舩橋京汰が、得点源の伊藤猛志の横に並び、どちらのポジションもこなせる後藤啓介は、この日のヴィッセル神戸U-18戦もサブからのスタートとなる。

結果から言えば、中村も舩橋もフル出場を果たし、チームの勝利に大きく貢献した。この試合は伊藤猛志がスーパーな2点を奪い、途中出場の後藤もまた素晴らしいゴールを叩き出して、3-1で勝ち切ったのだが、試合後の前田遼一監督は開口一番こう語っている。

「ゴールは素晴らしかったですね。ただ、ゴールは決めていなかったですけど、舩橋京汰は90分間攻守に渡って献身的にプレーしていたので、そのプレーが勝利に繋がったかなと思います」。

J SPORTS オンデマンド番組情報

確かに舩橋の献身的なプレーは、際立っていた。前線から果敢にプレスを掛けたかと思えば、サイドへ流れて身体を張ったキープを見せ、カウンターの際には長い距離を全速力で駆け抜ける。後藤が投入された73分にベンチへ下がったのが舩橋ではなく、2ゴールを挙げていた伊藤猛志だったことも、攻守に動き続けられる彼の重要性をよく現わしていたように思う。

2度の決定機を決め切れなかったことは、間違いなく本人にとっても痛恨のはずだが、1年生だった去年の開幕戦からプレミアでの出場機会を得ていた中、ようやく訪れた今季初出場のチャンスでハイパフォーマンス。舩橋も含めた前線のポジション争いは、ますます激化することだろう。

そして、中村の攻守に効果的なプレーも目を惹いた。指揮官の言葉がその価値を過不足なく表現している。「先ほどは京汰のことを言いましたけど、あの駿太のプレーがそこに繋がったと言っても過言ではないと思っています。攻守におけるパフォーマンスは本当に素晴らしかったです」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ