人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年5月17日

ジュビロ磐田U-18の正当な競争。中村駿太、舩橋京汰、後藤啓介の起用法に見る指揮官の信念 【高円宮杯プレミアリーグWEST ジュビロ磐田U-18×ヴィッセル神戸U-18マッチレビュー】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

【ハイライト】ジュビロ磐田U-18 vs. ヴィッセル神戸U-18|高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ2022 EAST 第7節

舩橋京汰

舩橋同様に1年生からスタメン起用されたリーグ戦の試合もあり、より意気込んで迎えた新シーズンはやや苦しい序盤に。なかなか出場機会に恵まれなかったが、「悔しい部分もあったんですけど、自分の特徴を生かして、チャンスが来るまで待つことを意識して、練習で120パーセントの力を出すようにしていました」という姿勢を評価した上で、前田監督はこの日の起用をジャッジしたそうだ。

「攻守の切り替えのところ、守備のところ、繋ぎのところはやってほしかったところで、そういう部分は凄く良かったですし、奪われた瞬間に回収する場面もそうですけど、他の選手に回収させるためのプレーもしていたので、本当に良いプレーをしてくれたなと思います」と前田監督。中村もこの日の収穫を問われると、「自信ですね。今まで試合に出られていなかったので、自信がなくてすぐにバックバスしたり、後ろ向きなプレーが多かったんですけど、今日は90分出られて、『やっていけるぞ』という自信は付きました」ときっぱり。ただ、もちろん野口もこのまま黙ってはいないはずだ。ボランチの定位置争いも、一層シビアなものになっていくことは想像に難くない。

「今シーズンに入って先発が1回しかなくて、今日はいつも出ている輝くんもいなくて,『今日こそは自分が』と思っていたんですけど、スタメンじゃなかったので、より悔しかったんです」。後藤はそう試合前の心境を振り返る。前節で負傷したフォワードの原田輝が欠場。その試合でも原田に代わって前半途中からピッチに送り出されており、この日のスタメンも十分に予想されていたが、指揮官が下したフォワードのチョイスは舩橋だった。

73分。アップエリアにいた後藤に声が掛かる。「本当に悔しくて、悔しくて。でも、ここで腐ったり、折れたら、結果も残せないし、次にも繋がらないし、まずは流れが良くなかったので、『自分が入って流れを変えてやろう』と思いました」。登場から2分後。左サイドで舩橋のパスを受けると、カットインしながら右足一閃。ボールは右のポストを叩いて、ゴールネットへ弾み込む。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ