人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年1月28日

まだフットボールを愛しているのならアリは絶対に立ち直れる

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
デレ・アリ

デレ・アリ

「一度、イングランドを離れるってプランも悪くないんじゃないか。だれも知らない国へ、イングランドほどタブロイド紙がうるさくないクラブで、ゼロから始めてもいいんじゃないかな。まだ25歳だ。やり直すチャンスはある」

チェルシーやオランダ代表で一世を風靡したジミー=フロイド・ハッセルバインクが、デレ・アリの身を案じていた。

2015-16シーズン、マウリシオ・ポチェッティーノ(現パリ・サンジェルマン監督)体制下のトッテナムで、痩身のMFはブレイクした。10ゴール・9アシスト。翌シーズンは18ゴール・7アシスト。卓越したビジョンと柔軟なボールコントロール、ゴール前の嗅覚など、「イングランド・フットボールの未来」とまで高く評価されていた。

しかし、負傷やポチェッティーノの退任などでリズムを失い、ジョゼ・モウリーニョ、ヌーノ・エスピリト・サント、アントニオ・コンテのもとでも復活できていない。彼らは異口同音に「センスの塊」とアリに期待したが、当の本人は沈黙したままだ。

「コンディションが整っているにも関わらず、コンテはアリを構想外にした。もはやトッテナムに留まる理由はない」

現役当時はイングランド代表とリヴァプール、そしてトッテナムでも活躍したジェイミー・レドナップも、移籍を勧めている。

彼の言葉を借りるまでもなく、ベンチにすら入れないのだから、アリはマッチフィットネスを高めるためにも他のクラブを探すべきだ。

キーラン・トリッピアとクリス・ウッドを獲得したニューカッスルが、中盤のエース格としてアリを狙っている。クリスティアン・エリクセンの新天地とされるブレントフォードも素敵な選択肢だ。トッテナムの先輩とともに鮮やかな復活──を待望するファンも少なくないはずだ。バーンリー、エヴァートン、ブライトンが興味津々、との情報も飛び交い始めた。

一説によると、アリはすでに別れの挨拶を済ませているという。世話になった数人のスタッフに、感謝の意を述べたとも伝えられている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ