人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月16日

スペイン代表エンリケ監督のメディア対応「サッカーについて私は君たちよりもはるかに知っている」

サッカーニュース by 木村浩嗣
  • Line
ルイス・エンリケ監督

ルイス・エンリケ監督

「1試合負けた途端に、『食人族』がまたやって来るよ。大変ハードな映画だ。だが我われは重圧に慣れている」
こんなことを言うから、ルイス・エンリケは嫌われるのである。

14日夜スペインはスウェーデンに勝利しカタールW杯の出場を決めた。負ければ、予選以上に厳しいプレーオフに回っていたところ。監督ルイス・エンリケの進退も必ずや問われていただろう。

そんな大一番で土俵際に追い込まれながらも勝利。“良かった、良かった”で済ませばいいのに余計なことを言ってしまうところが、ルイス・エンリケである。“勝ったら喜び、負けたら怒る。メディアはしょせん結果論”と軽蔑を込めて皮肉っているのだ。

これ、「メディア」を「父兄」に変えれば、私が少年チームの監督時代に思っていたことと同じ。もっとも、私は心の中で言うだけだったが、ルイス・エンリケはちゃんと口に出している。

おめでたい夜ですら、メディアと和解するつもりはなかったようだ。

1カ月ほど前にはまた、こんなことも言っていた。

「(メディアの言うことには)まったく興味がない。読みも見も聴きもしない。サッカーについて私は君たちよりもはるかに知っているからね」

これもまったくその通りである。

レアル・マドリーとバルセロナでプレーしバルセロナで監督をしたルイス・エンリケと、せいぜいアマで齧った者が大部分のジャーナリストとでは、知識量も経験値も比べものにならない。

当たり前だ。監督が戦術、システム、練習メニュー、選手の配置、招集メンバー選び、先発メンバー選び、交代、戦術変更などすべての決断と、その結果に責任を負っているのに対し、ジャーナリストには何の責任もない。そもそも、監督とメディアではサッカーとの向き合い方と覚悟がまったく違うのだから。

ただ、そんな力量が異なる両者の間で「批評(しばしば批判)」というものが成立するのには、二つ理由がある。一つは監督も当然ミスを犯すこと、もう一つはメディアはそれを後から指摘できることだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ